So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
パラム心中 ブログトップ
前の10件 | -

豪雨 お見舞い申し上げます。 [パラム心中]

ここ数年 豪雨による被害が 多くなっているようで


地震も 豪雪もそうですが、


大自然の中の 生かされている人間を 意識させられる日本です。


被害にあわれた皆様 お見舞い申し上げます。

そして


また 台風が接近しているようなので

どうぞ みなさん 気を付けてお過ごしください。


富山も 木曜日でしたか

緊急警報メールが3度も 流れ

山沿いの方には、避難勧告も出されました。


ドキドキして、ざわざわした 夜を過ごしました。


丸一日 100パーセントの大雨の一日

本当に どうなるか?と 思いました。


早め早めに 自分の命を守るために

無駄になってもいいから

明るいうちに 避難をしてくださいね。


週末は、以前から計画していた 夜行バス往復の東京への旅をしてきました。

国立博物館で 縄文の特別展があるので

それを見てきたんです。

幸いなことに 曇りの一日で、動きやすかったです。

今、縄文時代が トレンドだとか・・・・

私は、元々 縄文土器が好きだったし

ここ 数年前から マイブームでしたが

今年の春

長野の茅野市で、 国宝の土偶二点を 初めて生で見て

とても 感動して

この夏 国宝級の縄文土器&土偶を 国立博物館で見られるということで

しかも

あの有名な 火焔型土器や 遮光型土偶も生で見られる

LIST_5546.jpg


わくわくしていきました。

やっぱり

生で見るということには、思わぬ発見があるものですね。


特に 遮光器土偶

k-1.JPG

おもったより デカ~~@@ っと 感じました。

すごい迫力

40センチ超える 大きさなんです。

そして

一万年前の 日本人の先祖 縄文人の 

なんだろうなぁ やさしさ とか お茶目な部分とか

意外と A型気質の きれいな造形美を作り出す 繊細さとか


色々なことを感じて 来ました。


近ければ、毎日 行きたいくらいだぁ~~


そして、縄文土器の 芸術性の高さに くらくら

同時代の 世界の他の地域の 土器というか 焼き物も展示されてましたが

比べると 一目瞭然

大きさも 凄いし


縄文時代って 

思うよりも 凄い文化を持っていたんだって

分かりますよ。


もののあはれを知る 日本人の特性を

もう その時代からも感じられます。




nice!(3)  コメント(0) 

大阪の地震に [パラム心中]


接骨院のテレビを見て 今日の朝に 地震があったこと知りました。


最近、朝は、テレビ見てないので


そんな風に ニュースに疎くなっちゃって


関西は、阪神淡路大震災を経験しているので


記憶が蘇って 怖い思いをされた方々が多かったでしょう。


お見舞い申し上げます。


準友さんたちも たくさんいるので心配しました。


被害が 広がらないこと祈ります。


富山は、震度2になってましたが

今回は、全く気が付きませんでした。


地盤が違うのかなぁ


その前日には、岐阜の方も揺れたとか


ハワイのキラウエア火山の噴火は

地下で繋がってる日本にも影響あるって

あるところで言われてましたが


日本は、古代から 自然災害と共にあった国ですから

今回の地震も

人ごとではなく

防災意識を持って 過ごそうって思いました。


そして、

先週から、富山美術館で、日本画家の千住博さんの 新作


高野山の金剛峯寺の襖絵完成記念展が 始まったのですが


その千住博さんと、美術館評論家で、富山ガラス美術館の名誉館長の伊東順二さんという方の

対談を聞いてきたんですが


そのお二人の話が とても楽しくて面白かったです。


芸術って 何? とか 芸術とは? 

世界の中の芸術とは? そういうスケールの大きい内容で

私の視野が広がるようでした。


そして、その中でも

千住博さんの言葉で、印象に残る話が

自分の描く絵が、必要とされる人々の心に 寄り添う絵でありたいという事でした


何故 そう思うようになったのか? というのは


アメリカの 9.11の時に ニューヨークで 滝の絵の展示会を予定していて


その滝の絵の展示会を開催したら、

9.11で、呆然自失していた学芸員達が、その絵を見て

禅の世界 を感じたそうです


そして、その滝の絵を日本に 持って帰らないで欲しいと 懇願されたそうです


今、私達には、その絵が必要だ と


ああ、凄いなぁってその話を聞いて ゾクゾクする感動を感じました。


ところで、私は、今回の展示会の中で

千住博さんが ハワイのキラウエア火山から流れた溶岩が 固まっている場所を描いた


フラット・ウォーター という題名の絵を見て


固まったんです。 物凄いエネルギーとパワーを感じました。


資料を読むと

その場所って、ハワイの原住民が 崇める神さまが宿っている場所で

今は、誰も入れない聖地だそうです。


千住博さんは、その神さまのパワーをも 絵の中に表現されたのでしょうかね。


不思議です。




nice!(3)  コメント(0) 

もう少し僕を信じて・・・の意味 [パラム心中]



一言手紙 受け付けは、ジュンギ誕生日までは、30日までです。


尚、日本ファンミの時にメッセージの一言手紙は、4月20くらいまでに送って下さいね。

集まっていますので、別々に ジュンギに送りますね。


よろしくお願いします。


今回の 蛇腹御朱印帳は

ジュンギが 戌年なので 犬の模様の物を用意しました。


私が買った時は、最後のひとつでした。


ちょっと 可愛すぎるかなぁ? とも思いましたが


ジュンギにと思って買ったので その気持ちを大事にしたいと思います。

D03775F0-FAE2-4E9C-8826-EE9918D9A798.jpeg



完成した場合は、又 ご報告します。

あっ、皆さんの手紙を 発表するのではないので、御心配無く


でも、公開しても良いよ という方は、メッセージ下さいね。


今、THE STARのジュンギインタを 翻訳しています。

時間かかると思いますので

期待せずに、お待ち下さい


ところで、 デジタルのヨミミルのジュンギインタの気になった言葉


もう少し 僕を信じて待って下さい


まぁ 私は ジュンギじゃないので


あくまでも 推測で

物語だと 思っていただければ良いのですが


ジュンギは、ファンに ジュンギの何を 信じて待って欲しいのか?


私は、 作品だと 思いました。


除隊してから

多分、ジュンギの中では、100点満点 ファンに満足与えた作品を 送り出していないと

そう感じているのだろうなぁって


まぁ どんな作品であれ

100点満点は、無いけどね


満点は、無理でも 満点に近い満足を

ファンに与えたいって思ってるだろうと


ジュンギ自身も

もう少し 満点に近い満足を得たいという気持ちあるでしょうね。


シグナル、最後まで見たけど、最後にちゃぶ台ひっくり返したいくらい

私、怒りましたよ。

ダンナも 怒りましたよ。


このドラマ

評判良くて、もしかして、途中で、第2シーズン 考えたのか?


そんな 終わり方だった


それでなくても

だんだん、無駄な時間延ばし描写も増えてきて

イライラしてきたし


そんな感じで、全てが満点で満足は、無いですね。


って、話しが それましたが


俳優イ・ジュンギの 30代代表作と

胸張って言える作品を 送り出したいのが 一番でしょう。


今回の作品

脇役者に 個性的な方々がいっぱいなので

ちょっと 大人な 物語展開になりそうですね。



でもね


ジュンギには、イ・ジュンギしか 与えることの出来ない 何かがあると思うから


ナンバーワン でなく


真の オンリーワン


ただ唯一の 人 俳優


それで良いと思います。


思い詰めることなく、生きて 

ジュンギの笑顔がみれる

それだけで、幸せだと感じます。


人生って 下の言葉のように


儚いというか、何が成功したとかでなく


その人が、その人の出来る限りを尽くして生きる


それで良いですよー

そだね〜


お金儲けたって

死んで 持っていけるわけでなし

それよか


ジュンギしか出来ない

ジュンギだけが、与えることが出来る


きっとそういうものがあると思う


まぁ 誰にでもいえると思います。


頑張って 生きよう!

そだね〜〜〜〜





祇園精舍の鐘の声、諸行無常の響きあり。

娑羅双樹の花の色、 盛者必衰の理をあらはす。

奢れる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。

猛き者もつひにはほろびぬ、ひとへに風 の前の塵に同じ。



 


 



 


nice!(3)  コメント(0) 

心に浮かぶよしなし事を・・・・ [パラム心中]



ようやく、雪も融けて、春の気配が感じられるようになって来ました。


でも まだまだ 寒暖の変化が激しいです。


どうぞ、皆さま 自愛して、過ごして下さい。


3月11日は、ああ この日が 巡って来たなぁって


多分、私の人生で、最後まで 色々思う日になるでしょう。


奇しくも 先日の11日は、友人のお姑さんのお通夜で 参列して来ました。


最近のお通夜は、こういう進行なんだと ちょっと驚きながら

その友人が、旅行の予定があったけど

お姑さんの容体が芳しく無いと 中止にして 数日の事でした。


その日は、毎年恒例の韓国語の料理教室も 

午前中にあったのですが

お通夜の事で、すっかり忘れてしまって

電話もらって 慌てて 行ったり


なんか、3月11日は、 ちょっと 普通じゃない 私でした。


自分が とても幸せなんだと 有り難い日常生活を

送らせていただいていると 

感謝の気持ちです。


私には、もうすでに両親は、いませんし


ダンナも もう母親だけだから


後悔しない、後悔させたくないという気持ちで

姑は、最後まで見守るという思いです。


昨年の今頃は、姑の病院通いで、大変でしたが、今年は 風邪もひかず

なんとか、無事に過ごせているので

このまま、デイケアとショートスティで、元気に過ごして欲しいです。


まぁ いつかは、私も行く道ですものね。


ダンナも ギックリ腰が 良くなったと思ったら

帯状疱疹になって

ようやく 治りかけて来たところです。


歳を重ねると、身体にガタが来るので

普段から 身体のメンテナンスをしながら 過ごさないとね


私も 週2回くらい 接骨院に通って、メンテナンスしています。


そして

ジュンギから ファンミの告知映像が スプレンダーに上がってますよ

Movie のところです。


最近 始めの呼びかけは、日本語ですねぇ。

久しぶりのジュンギ さらに 大人の男を感じさせる


もう青年期も 過ぎていく年代だね〜


そだね〜〜〜〜


まとまりの無い文で すいません


そだね〜〜




nice!(3)  コメント(0) 

初詣 [パラム心中]


ようやく 初詣に行ってきましたよ。


ここ何年かは、立山を御神体とする 雄山神社の中でも

立山町芦峅寺(あしくらじ)の雄山神社の方に行ってます


それまでは、もっと近間の 雄山神社の方に行っていたのですが、

富山市在住の ジュン友さんのオススメで 奥の雄山神社に行くようになりました。


そして、そちらの雄山神社は、

結構映画のロケ地に出てくる場所なんです


剣岳 とか 春を背負って とか 昨年上映された

 追憶 とか


剣岳は、岡田准一君も 宮崎あおいさんも 出ていたしね


昨年の追憶は、 岡田准一君と 小栗旬君だし


そうそう 小栗旬君は、数年前には、立山にも登ったそうですよ。


黒部ダムの方にも行ったというのを 途中のお土産屋で聞きました。

って 富山自慢か ……わははっ


いやね 本当に雰囲気の良い神社なんですよ


私のところは、年末の雪が溶けているのに、

雪積もってましたね

2426043F-1910-4849-B218-C795C6A583A8.jpeg


こちらは、ほのかに明かりが灯され、ずっと雅楽の音色が流れてました。

7BD38130-02BA-494D-A281-F339C29DC1A6.jpeg


こぢんまりとした本殿ですが

神主さんが とても親切で 温かいのですよ。


結構、癒されに通ってます。

年に 何回か行くのです。


E90180F8-18BF-47C0-80EB-FC858BA2235E.jpeg


そして、奥宮への道が 本当に素敵です。


7BCDF1AF-9273-42C5-B4DE-42CAA84B02BA.jpeg


C551DFFE-2733-479A-8765-64B75883C8BB.jpeg


あちこちにある末社も趣きあります


4C6281B1-E162-4F88-AE0E-2960C435D4E3.jpeg


今年も無事にお参りできて良かった。







nice!(2)  コメント(0) 

新年おめでとうございます [パラム心中]


2018年


明けましておめでとうございます。


今年もよろしくお願いします。


E077E94C-EA1D-422B-96C0-FDCE5704A803.jpeg


長野の 戸隠神社の参道で撮ったフォトです


皆様にも

ご利益がありますように


さてさて

今年は

どういう作品で

ジュンギは 驚かせてくれるかなぁ

楽しみ 楽しみ




nice!(1)  コメント(0) 

ありがとうございました [パラム心中]


今年も一年

お世話になりました

ありがとうございました。


2E71DF8D-8DF7-41F4-BFDD-EB1D37C7B143.jpeg


韓国語のお仲間さんに


今年最後の教室日に

たてて頂いたお抹茶です。


ジュン友の皆様にも

いつも温かい励まし頂いて

ありがとうございます。

来年もよろしくお願いします。


 


 

nice!(2)  コメント(0) 

過程を楽しむ [パラム心中]


昨日の記事の中で


思いの現実化 という話を書きましたが


その思いの現実化の 過程を楽しむ


私たちの人生って それじゃないかなぁって


例えば、俳優イ・ジュンギの場合


ドラマに出て、そのドラマを制作する一員として

制作過程を楽しむことにかけては、

抜群の能力がある 俳優さんだと思うの


オリンピック選手だったら

確かに 結果として金メダルを取らなければ

過程を楽しんだとしても 意味ないじゃん

なんて

そう思うかもしれませんけど

結果を重視するあまりに

ドーピングに頼ったりしたりしたら

それは、違うものになっちゃうだろうしね


結果がすべて に こだわってしまうと

狭い範囲での人生になっちゃうかなって


私は、毎年挑戦しているものがあって

ここ最近は もう一歩のところで 届かない

だけど

ひとつずつ階段を上がっているのは 間違いないと

今年は、感じました。

で、 一足飛びに いわゆる金メダルを取ってしまう人が居るんだけど

それを見たときに

私はある意味 幸せじゃんって 感じたのです。


また今度 挑戦する機会をもらえたんだから

過程の期間が長いってことは、 楽しむ時間が長いってことじゃんって


トップに立ったら その次が ものすごく大変


トップを持続させるというのは、きわめて目に見えにくい


それこそ 結果は、自分のみが 分かるという

孤独な世界に行くのかもなぁ


なんてね、


トップになれない人間のたわごとかもですが


目に見える過程の中で 階段を上っているというのが分かるというのは

一番 幸せな時間

そうかんじるのです。


思いの現実化の 過程を楽しみたい


というか


楽しんでいる最中の パラムでした。






nice!(2)  コメント(0) 

生存報告 [パラム心中]

お久しぶりです。
気が付いたら11月になってましたΣ(゜Д゜)

ご心配のメールいただいたので、生存報告です。

大体、仕事は、一段落しましたが、
毎週のように出かけてたり、
韓国語の教室が、毎週あるので、予習が、大変だったりして、
なんだかんだと時間が、過ぎてしまいました。
一応、ジュンギ情報は、チェックしてますが、新しい作品でも決まれば、頑張ってアップしますね(^o^;)
ジュンギと同じ事務所の
先輩俳優さんが、交通事故で亡くなったり
本当に、人の寿命は、分かりませんね
交通事故には、皆さまも
くれぐれも注意して下さいね。

私も車を運転しているので、事故の経験ありますので、あっ
小さな事故ばかりなので、不幸中の幸いですが、
それでも、大変なので、お互いに気をつけて過ごしましょう。

来週日曜日には、毎年恒例の国際交流フェスティバルなので、韓国語教室のお手伝いで、キムパブ作りのお手伝いで、朝の5時くらいから頑張る予定です。

寒さも増して来ましたので
風邪に気をつけてお過ごし下さいませ





nice!(2)  コメント(0) 

ジュンギの破局について [パラム心中]


昨日は、忙しくて、クリミナルマインドの記事も上げれなかったですが

夜にいきなりジュンギの破局ニュースが流れて びっくりしました。


夜に 続々 みなさんからメールも頂いて

ありがとうございます[わーい(嬉しい顔)]


でも


そういう予感は、しましたけどね?


公開恋愛の後の 相手の方のバラエティーでの言動が

それを招いたと 思います。


本気で好きで、縁があるならば

絶対に伝わります。


でも、相手の方の 幸せを祈ります。


ファンのせいで、別れたなんて言わせないくらい


二人には、幸せになって欲しいです。


これまでに 皆さんから頂いたメールの返信に 書いていたのですが


私が イメージする ジュンギの人生には、彼女の存在は、無いなぁ


私の人生に 彼女は、必要ではないので

彼女の存在を 意識しない事にしました

というニュアンスを言っていました。


あの バラエティーでの言動で

流れが 変わってしまったなぁと感じたんです。


あの言動は、ジュンギのお父さんの好みでもないだろうなぁと


自分が一番の方に見えて


あくまでも、私の印象ですからね。


最近、彼女が、ジュンギファンの悪口に苦しんでいる なんていう 記事を見かけて

これは、いよいよ別れたという記事出るかもしれないって

思っていました。

ある意味

会社が 彼女を守ったとも考えられます。


ジュンギファンが 悪者になるのは、私は、違うなぁと思うので、

ああいう記事は、無視でしたが、


昨日のいきなりのニュースの裏側には、


もし 秋に 彼女が違う人と結婚するニュースが流れたら

納得かもですね。



だいたい、今迄も ジュンギは忙しく仕事をしていたので

お互いに忙しくて 疎遠になったという理由は、 後付けですね。


ともかく


お二人共に、幸せな人生を歩んで欲しいです。









nice!(3)  コメント(0) 
前の10件 | - パラム心中 ブログトップ