So-net無料ブログ作成

韓国版クリマ 第18話 &関連記事紹介【追記】感想 [クリミナルマインド]

18話 感想追記

見ました。

今回のエンディングの妖精は、ソヌでした。

そして、来週の予告は無くて

今までのダイジェストになってました。


今回のソヌの終わり方は、原作の シーズン1の終わりの事件に

重なりました

これは、もしかして、ソヌは、彼女と同じ運命なのか? と

しかし、後2回

リッパーの事件だけで、終わらないのかしらん


そして、

そろそろ、日本放送も決まらないかしらん


・・・・・・・・・・・・ここまで追記




18話の話の前に

ハジュンセサポート進行ですが

いま、一生懸命準備されているのですが

撮影現場の状況が 日々変化するので

中々 サポートの日にちが合わないようです。


食事提供になることは、間違いないですが

現場の状況との兼ね合いがあるようです。


なので、ハジュンセのボランティアスタッフも

スタンバイが大変そうです。

自分たちの仕事もあるでしょうに

すぐに動ける状態

または、食事提供のお店とのすり合わせも

本当に大変だと思います。


応援イベントご参加の皆さま

すみませんが お待ちくださいね。


私たちは、本当にこちらから お任せで、祈るしかないのですが


最悪、今回のイベントが不発になったとしても

次の作品の応援のためにも

使って下さいと伝えてありますので

絶対に 無駄にはなりませんので、ご了承ください。


 

いよいよ 私の借りているパソコンも 危ないようです。

もともと 古いパソコンのリユースなので

メモリーも小さいし 全体の容量が足りないようなんですよね。

18話が 途中で見れなくなっちゃった。

また、後ほど試してみますが

感想を書けないので、

今は、時間がないので、記事だけアップします。

それにしても、 もう 来週で終わりです。

後 2話残すのみです。

早いですね。

 

下記の方 参照ください。

 

昨日は、久しぶりに2010年 横浜アリーナで行われた

ヒーローイベントのジュンギを見てました。

この時のイベントの前に

軍入隊のニュースが流れて

なんとも言いようのない 気持ちで参加していたこと

いまでも、思い出されます。

 

ジュンギの言葉

「日本のファンの心を 盗んだ。 

そして 一生応援するという契約を交わしました。

契約を破ったら、家を売ってください」

 

入隊の言葉を言えず

一生懸命 伝えようとした彼の心が

今でも 痛いほど 心に伝わってきます。

また、会いましょう と 言いながら

彼の瞳には、さよなら の 文字が

見えるようです。

この当時の 色々なエピソードが 今でも鮮明によみがえってきました。

たぶん

私が死ぬ時まで

この時の光景は、一生忘れないでしょう。

八重桜の花びらが 風に舞う ホテルの前で

彼を見送ったことも ずっと心から離れないと思います。

 

さて、下記のリンクが 18話の元記事です

 

ネタバレ 大いに ありありです。

 

 

 

http://news.topstarnews.net/detail.php?number=307880

 

 

[レビュー]「クリミナルマインド」ムン・チェウォン、連鎖強姦餌投入 "犯人を殺す」

 

トップスターニュース=ベスジョン記者]

「クリミナルマインド」でムン・チェウォンが連鎖強姦の餌として投入された。

 

21日放送されるtvN水木ドラマ「クリミナルマインド」では、被害者に子供をわざわざ妊娠させる連鎖強姦が出た。

 

容疑者をプロファイリングするだけでキャッチすることができないことを知ったソヌ(ムン・チェウォン)は、自分が餌になると出た。

 

ナナ黄(有線)は、調査会社のセキュリティ会社の従業員であるキム・ヨンスが犯人であることを調べ、同居の結婚がトラウマがなって強姦をしていたことを分析した。

 

ソヌ(ムン・チェウォン)は犯人を待っヒョンジュン(イ・ジュンギ)は、ソヌがある家の前で潜伏をして受賞した者追った。

 

しかし、ヒョンジュン(イ・ジュンギ)が追っていた男は犯人ではなくソヌは犯人に捕まって行った。

 

ヒョンジュン(イ・ジュンギ)以外のNCIチームはイ・ミョンスの家調べ出動しソヌはイ・ミョンスにレイプを受けしようとして彼が持っている銃を撃ち、犯人を殺した。

 

この時、入ってきたヒョンジュン(イ・ジュンギ)は、「今終わった」と言ってソヌを安心させた。

 

一方、tvN水木ドラマ「クリミナルマインド」は、毎週水、木、夜1050分に放送される。


nice!(3)  コメント(0) 

韓国版クリマ 第17話感想 & 記事ご紹介 [クリミナルマインド]




本当に あっという間に 1週間が経ちますね~

なんだかんだと、秋の気配が濃厚になって

日中が暑くても 朝晩は、冷え込む日が増えてきました。

体調を崩す人が増えていますので、

気を付けて お過ごしください。

 

私は、元気なのですが、色々やってるうちに

日々が過ぎていく感じです。

 

16回の記事のご紹介しようと思っていましたが

記事内にけっこう間違いがあったようで

訳しても 話とつながらなくて

日本放送の時に また 語ればいいかなって

しかし、やっぱり思ったように

日本では、まだまだ、「麗」のイ・ジュンギで 売りたいようですね。

 

逆に 毎年ドラマを撮っていてくれるので

イ・ジュンギネタが 尽きないので

日本の韓流市場にとっては、ある意味

ありがたい存在のスターになりつつあるかなって 思います。

 

今日・引退を発表した

安室奈美恵と 同じように

変なスキャンダルを起こさない 印象の 

スターのひとりだと思います

 

仕事人間というか

まじめに 仕事を続けている人

そんな印象が 似ている気がして・・・

 

さて

 

17回は、先週からの続き

モデルハウス殺人事件

これは、原作の事件をいくつか組み合わせているなっていうのと

やはり 韓国テイストのスパイスが効いてるので

別物に見えました。

 

今回の見どころは、

取り調べする イ・ジュンギと 

日本ドラマのクライシスで 小栗君と西島さんが使っていた

伸びる警棒を 初めて使ったシーンですかね~

それを使ったシーンは、ゾクゾクしたんですけど~

もっと 早くに そういうシーンを取り入れて欲しかったわ

短いし~~

 

で、 今回のモデルハウスを見ていて

 

清州にホームステイしたときに 案内してもらった

ビルの中のモデルハウス展示場を思い出しました。

何故、そこに案内されたのかは

いまだ、謎ですが・・・・・

そのホームスティにいったのは、芸術交流の一環だったので

なぜに、展示場? 

確かに、モデルの部屋には、色々な美術品が飾ってはありましたけど・・・

骨董品でもんさそうだったし・・・

なんのせ、

その当時は、韓国語を習って 半年

まだ、カナダラの時期だったので

文字も 読めず・・・

言葉も まったく話せず

よく行ったなぁと・・・今でも感心するわ・・・

そして

日本のモデルハウスの定義と 全然違う・・・

日本で、モデルハウスと言えば

一軒家というか 一戸建て住宅のイメージだと思うんですが

あっ・・・住宅展示場か・・・・

 

マンション型の展示場は、モデルハウスになるのか?

まぁ ともかく韓国では マンション型の部屋は、

マンションではなく アパートというのですよ。

だから

アパートの方が グレードは上ですって

 

日本のアパートという言葉の印象は、なんというか

借りるというイメージで

買うというイメージではないですよね。

 

そういうよなことが

ぐるぐると 頭をよぎった事件でした。

あっ

今日のエンディングの妖精は、チーム長 でした。

 

記事ご紹介です。

下記は、元記事リンクです。

 

ネタバレ 大いに ありありです。

 

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201709210621161710

 

 

[昨日TV]「クリミナルマインド」イ・ジュンギ、連続殺人犯取り調べカリスマ爆発

2017-09-21 06:25:04

 

 201709210621161710_1.jpg

イ・ジュンギが連続殺人犯を取り調べてカリスマ爆発した。

 

920日放送されたtvN水木ドラマ

「クリミナル・マインド」17回(脚本ホンスンヒョン/演出ヤン・ユノイジョンヒョ)で

 

キム・ヒョンジュン(イ・ジュンギの方)は、連続殺人犯カン・ドンジュンの残酷な犯罪に怒った。

 

この日の放送では、モデルハウス殺人事件の真犯人が明らかになった。

公開捜査が始まると カン・ドンジュンは、建設現場で

日雇いで働いていた弟ガン・ドンミンが犯人だと情報提供しており、

間もなく ガンドンミンが 火災現場から遺体で出てきて

キム・ヒョンジュンは、放火の痕跡を発見した。

 

キム・ヒョンジュンは、誰かが、

ガン・ドンミンの遺体が発見されるように わざわざ火をつけたと思った。

 

カン・ギヒョン(ソン・ヒョンジュの方)は、

犯人が二人だという ユミンヨウン(イソンビン分)の推測に基づいて

ナナファン(ユ・ソン分)が ガン・ドンミンが最初の犯行後、

他のホームレスと戦って大きく傷ついたCCTV資料まで発見して

カン・ドンジュンを犯人と推測した。

 

ガン・ドンミンが最初犯行後に 死んでいく姿を見たカン・ドンジュンが

弟に沿って、残りの犯行を犯したと思ったこと。

 

続いてカン・ドンジュンが殺人を犯した過程が明らかになった。

 

カン・ドンジュンガンとドンミン兄弟は子供の頃に家がない、頻繁に引越しを通って不完全に生き、母親が他の男と 希望やお金を持って逃げ

出賃貸アパートの夢まで消え 父親が自殺しようとした現場で やっと生き残った。

 

以後 ガン・ドンミンは、建設現場の労働者に働き、自分が なした家に執着した。

 

兄の カン・ドンジュンは心理相談センターで働き、それなりの場所を取ったように見えたが 事情は大きく変わらなかった。

ウイチョジュンに子供まで暴行して離婚訴訟中だし 借金に座っていた。

 

そうするうちに、最近死亡した母親が 土地を残したという事実を知って、

その処分のために弟のガン・ドンミンを見つけ出たし、

死んでいくガンドンミンから殺人の告白を聞くなり 弟を利用しようとしたもの。

 

カン・ドンジュンは 最後まで自身の犯行を認めていないし、

キム・ヒョンジュンが そのようなカン・ドンジュンを圧迫した。

 

キム・ヒョンジュンは 「山洞の家賃に 生活費も与えなくて 子供たちは保育園もない過ごしている。ていたらくの父で 子供暴行し、麻薬中毒者で妻の貞操を疑う病的な患者。

 

お前は、どぶのような お前の現実を避けたかっただけだ。

薬が効いて 助けてくれと哀願する女性たちを見て、

お前が 何でもなるようにすれば 良かったのか」と批判した。

 

興奮したカン・ドンジュンは

「口をつぐんなさい。口裂けてしまう前に!黙れよ。

お前は何を知っている。なぜ 私は、あの子を殺したか何を知っている!」と 殺人を認めて、

 

キム・ヒョンジュンは

 "はい、これ お前の本当の姿だ。よく聞け。

今 お前が認めたように お前だけのゴミ殺人にすぎない」と厳しい忠告した。

キム・ヒョンジュンがキラーを追及しカリスマ爆発した。

 

(写真= tvN「クリミナルマインド」

 

 キャプチャ)

ニュースエンユギョンサン記者]


nice!(2)  コメント(0) 

韓国版クリマ 第16話感想 [クリミナルマインド]


今日は、時間がないので、まず

16話の感想だけアップ


後日 関連記事追記します。


やっぱり 続きを見てからじゃないと 分かりませんでした


原作の事件 思い出しましたよ。


被害者の悔しい気持ちを代弁する 事件だったですね。

韓国版テイストに 満ち溢れてました


正義って 何でしょうね? という風に考えさせられる事件ですが、

色々な考え方ができる話です。


そして・・・・


ジュンギは、エンディングの妖精・・・・

これもう

制作者が この記事を逆手にとって わざとそういう風に持ってきているね。


ちょっと気になる部分も 出てきたのですが

まぁ 最後まで 見てからの判断かな


来週へと続く事件

昨日書いたとたん

ホームレスの場面が 出てきました。


これが 事件と関係するのか? どうか?


また、新たな事件に関しては、 原作をかなり 脚色してるかな?と思うのですが

もしかしたら

私が思っているのとは、違うかもしれません。


なんと

後 第2週しか 残ってないという・・・・


始まってみれば、もう 終わりですよ~ さみしい~


最近は、ヒョンジュンの 前髪が くるりって マキマキされているのが

気になっている パラムでした^^;








nice!(2)  コメント(0) 

イ・ミンバク元大統領のブラックリストにイ・ジュンギも [ジュンギ心中を語る]

 


それにしても、イ・ミンバク元大統領のブラックリストって何??

っていう感じでしょう?


ブラック企業じゃあるまいし、まるでジュンギが ブラックみたいじゃん[むかっ(怒り)]

しかも、ジュンギがインスタでアップしたフォトも ブラックだしね? ^^;


パク・クネ元大統領のブラックリストっていう話しは、有名でしたが

イ・ミンバク元大統領にも ブラックリストが有ったとは

ビックリぽん


でも、納得です。


ジュンギが イルジメの撮影中に まぁ いわゆる政治批判の文章を

その頃のホームページ

サイワールドに載せました。


イルジメは、その年のSBSでは、最高視聴率を叩き出したし

ジュンギの演技も賞賛浴びていたのに

最優秀演技大賞を取れなかったんですよね


今の演技大賞の流れから 考えられない事です。

そして

約一年間

次期作が、決まらなかったんですわ。


噂が上がっては、消えてしまってΣ(゚д゚lll)いましたね

その頃の事務所のマネージャーにも裏切られた事もあったけど

一度は、事務所を出るというところまで行きながら

マネージャーの件もあって

事務所とは、和解したにも 関わらず


ずっと 演技していなくて

ファンミーティングが、主な仕事でしたね。


なんで、ドラマや映画を やらないのかな?って

不思議でしたね


で、ようやく ヒーローというドラマに出たんですが、

このドラマの出演料は、例の裏切られたマネージャーに 持ち逃げされていて

そのせいもあって、他の作品に

出る事が出来なかったという話しもありました。

その頃のジュンギは、

ブラックリストのせいもあったり

マネージャーの裏切りもあったり


本当に大変だったんだね?って


ようやく、縛りも解けて、新しいドラマ、新しい映画出演も決まり

映画の撮影中に

いきなり、軍隊への徴収があったのでした。


本来は、軍隊に入隊が決まっている人は、その2カ月前だったかなぁ

国外に出れないはずなんです


でも、ジュンギが日本ファンミの

その日に 軍入隊が 決定されてしまったんです。


ということは、


もう、何らかの動き

何らかの意志によって、ジュンギの入隊は、いきなり決定されてしまったんです。


そういう部分からして


他の韓流スターとは、全く違ったのですよ。


そのブラックリストにイ・ジュンギの 名があったということは、

いわゆる 言論弾圧の 一種ということです。


未だ、韓国という国は、本当の民主国家ではない


その 闇の部分が 今回 表に出たということですなぁ


まぁ あれから

ジュンギが 政治的な発言を しないなぁとは、思っていたんですよ。


一番 賢いのは、政治的な思想の 本音は

おおやけにしない事ですね。


こうしてみると、俳優イ・ジュンギは、

ある意味

不器用な生き方してる


要領の良い人は、上手く遊びながら

生きてるって


でもね、こういう流れになって来た事


ジュンギの努力が 認められて行く 流れになると


私は、そう信じてます。






nice!(3)  コメント(0) 

韓国版クリマ 第15話 & 関連記事紹介 [クリミナルマインド]


 

 

 

1週間ごとに、ジュンギに何かが起こる

そんな感じですね。

その何かについては、夜にでも記事アップします。

たぶん それについては、その当時を一緒に過ごしたファンとして

語れると思いますので、^^;

 

ただ一つ いえるのは、やっぱり 闇の部分が明らかにされる

そういう時代になって来た ということですね。

 

なので、やっぱり

人間は、自分の心にやましいことの無いように

日々を生きていかなきゃいけないなぁ ということなんだろうし

人生は、やっぱり

塞翁が馬

 

それに尽きるなぁ

 

なので、ジュンギの人生も きっと これから もっと陽が当たる

そういう変化を感じました。

 

何をもって 成功というのか?

 

たとえば、自分の人生にとって どういうことが 成功といえるのか?

 

その前に 成功?っていうのは、どういうことなのか?

そういう部分だと思うのです。

 

人は、死ぬときに自分の人生を振り返るっていうのですが

その時に

ああ 私の人生は 幸せだった。面白かった。って

そう思えれば いいんじゃないでしょうか

最近 そういうようなことを 思いますね。

誰かの評価じゃなくて

自分自身が よく頑張った。良く生きた。 それでいいんじゃないかなぁ

 

って、 長い一言になりました。

さてさて15

ジュンギ演じる ヒョンジュンの存在感が より一層増してきて

大きく感じるようになってきました。

アクションの比重も 重要でなくなってきて

プロファイルに重要度が増して、人間模様というか

事件背景を語ることに比重を置くようになってきた感じですね。

今回の事件の 事件背景は、やはり韓国ならではの脚色になっていて

なるほどって

原作の方の 犯人が どうだったのか?正直 あんまり覚えてなくて

被害者の少女たちのおかれた状況のインパクトが強すぎて・・・^^;

 

今回は、親たちの印象が強くて・・・・・

やっぱり

このドラマは、事件ごとに出てくる カメオ出演者たちの演技が 良いですし

そういう部分では、1本の映画を見ているような 贅沢感が 味わえるドラマかなって

ある意味、ジュンギも 色々な役者さんたちと絡む演技ができて

楽しんでいるんじゃないかって 感じます。

演技者の醍醐味を 味わってることでしょう。

しかし、今回は、

早くも 次の事件に突入ということで、

この事件の原作が、正直 思い出せないというか

似たような事件が ありすぎて、続きを見れば 分かるかもしれません。

 

そういえば、

原作では、結構 売春婦やホームレスが事件に巻き込まれる

そういう背景がよく出てくるのですが

韓国版では、まだ そういうのが出てこないなぁって

ふと 思いました。

 

記事2本です

もちろん、ネタバレ ありありですので、ご注意ください。

 

リンク先は、元記事です。

 

http://star.mt.co.kr/stview.php?no=2017091323025099337&outlink=1&ref=https%3A%2F%2Fsearch.naver.com

 

 

「クマ」イ・ジュンギ、水泳選手の失踪事件第二の手がかり訪れた

2017091323025099337_1.jpg

/写真= tvN水木ドラマ「クリミナル・マインド」の放送画面キャプチャー

 

 

ドラマ「クリミナルマインド」で

イ・ジュンギが水泳選手失踪事件の 第二の手がかりを探した。

 

13日午後放送されたtvN水木ドラマ

「クリミナル・マインド」(脚本ホンスンヒョン、演出ヤン・ユノ)で

キム・ヒョンジュン(イ・ジュンギ)とイハン(ゴユン分)は、通報を受けモーテルに出動した。

 

この日 モーテルの前に犯人が置いて行った行方不明の選手たちの服があった。

毀損バッグが発見されたのは、拉致された ホン・ヘインの父親が泊まったところだった。

 

キム・ヒョンジュンは、

モーテルの社長に 拉致された選手たちの親の写真見せて見慣れた顔があるか尋ねた。

社長はホン・ヘインの父を知っていると述べた。

 

キム・ヒョンジュンは、

ホン・ヘインの父がモーテルで 性接待を受けたことが分かった。

キム・ヒョンジュンは、拉致された選手イ・ユジンの親と関連付けられている

手がかりを見つけこと思い出させて 被害者の両親の間に継ぎ目があると推測した。

 

 

もうひとつの記事です。

 

http://osen.mt.co.kr/article/G1110731239

 

201709140105778928_59b95aa69cb76.jpg

[昨日TV]「クマ」ソン・ヒョンジュXイ・ジュンギ、殺人と脳ゲーム「勝つ」

 

[OSEN =イ・ジヨン記者]ソン・ヒョンジュとイ・ジュンギが歴代級殺人鬼と会った。

強迫観念を持つうえ、緻密な計画まで立てるインテリジェント殺人が登場したこと。

プロファイリングを開始し 殺人について推理していくソン・ヒョンジュとイ・ジュンギ。

イ・ジュンギは、「今まで見られなかったキラー」と熾烈な頭脳ゲームを予告した。

 

13日放送されたtvN「クリミナルマインド」で

連続殺人事件を引き受けたNCIチームの姿が描かれた。

タクシーの運転手が静かな場所で残酷に殺害される事件が発生し、

これは数日前に行われた2件の殺人事件のような殺害方法ということが分かる。

 

NCIチームは二つのチームに分けて捜査を進めている。ギヒョン(ソン・ヒョンジュ)とイハン(ゴユン)はタクシーの運転手が殺害された場所での調査をして、

ヒョンジュン(イ・ジュンギ)とソヌ(ムン・チェウォン)は第2殺害現場に行く。

 

イハンウン「今回の事件は、米国の連続殺人犯を模倣したようだ」と推定し、

ギヒョンは「犯人は頭が良く緻密に計画された殺人をする」と推理する。

 

実際 犯人は運転手の食堂が多いところでタクシーに乗って

遠く離れた場所で運転手を殺したことが明らかになった。

運転手のレストランを察して犠牲者を物色していたこと。

 

第二の現場に行ったヒョンジュンとソヌは

犯人が自信感が欠損している 矮小の男であると推定した。

ヒョンジュンは「このような場合、丈夫な男が犯人であることだが、

現場を完全に制圧するために、まず、被害者の首を引いたことを見れば、ない可能性が高い」と述べた。

 

ヒョンジュンは「今回の事件は、この時までに見たものとは別の事件になりそうだ」と

犯人との頭脳対決を示唆した。

 

/ bonbon@osen.co.kr

[写真]「クリミナルマインド」のキャプチャ

 

 


nice!(1)  コメント(0)