So-net無料ブログ作成
検索選択

日韓交流イベント【訂正】 [韓国]

記事の前にお知らせです。

2014年 冬ファンミ応援イベント参加者の皆様 
すいません訂正です。
五月ファンミーティング応援イベント参加者の皆様

夜士応援イベント参加者の皆様 

それぞれの報告ブログにて お知らせ記事アップしましたので
チェックの方 お願いします

尚 内容は 両方同じですので 両方参加の方は、どちらか読んで頂ければ大丈夫です
パスワード忘れた方は

どちらの応援参加者か

必ず 参加ハンドルネームを明記して メール下さい

件名 パスワード教えて

内容に

参加応援イベント名
参加ハンドルネーム明記

上記 必ず明記で お願いします


………………


失礼しました

さてさて ちょうどこの時期に 日韓交流イベントが 全国であるのでしょうね

日韓国交正常化50周年イベント

東京では 安部首相の奥様 恒例のキムチ作り参加ですね

富山では、今日イベントがありました。
image.jpeg

内容は

国際市場で会いましょう

という映画の鑑賞と

ZEROという歌手の公演1時間と 抽選大会でした
image.jpeg

この歌手の方

最初 違う歌手の名前で聞いていたので 
なんか 顔が違うような気がするって思っていたら

終わってから ZEROさんだとわかって

なんだぁ 韓ラブにも出て 古谷さんに紹介されていた人だって気がつきました。

日本語が上手で トークも上手で 会場を和やかにして
又 歌も上手で 良かったですよ。

まぁ 昨今イロイロありますが  知るという事が大事だと思います

で、映画の方

正直 見てて ツッコミたい所がありありで
でも この映画
韓国一を記録したんですよね

で ジュンギファンなら ミュージカルを思い出させる あの船

そう あのビクトリア号の部分から 始まるんですわ

もう

ミュージカル 生命の航海の時代です


そう 朝鮮戦争で 中国軍に攻め込まれ フンナムから住民が逃げざるを得なくなり
アメリカ軍の 船に乗り込もうとして

少年だった主人公が
その混乱の中で 幼い妹の手を離してしまった為に
妹が逸れ 父親が妹を探す為に戻り
結局 父親も妹と共に 行方が分からなくなる

母親と 他の幼い弟 妹共に釜山に逃れるのですが
その釜山の国際市場で 父方の妹  おばさんが小さな店を営んでいて そこに居候して 成長して

更に 父親の代わりに家長として
様々な苦労しながら家族を養うというストーリーです

その苦労の話に
多分 韓国の 貧困時代の苦労の象徴として
外貨を稼ぐ話があるのです

男子は、ドイツの炭鉱に出稼ぎして 
女子は、看護婦見習いとして 出稼ぎして

アメリカ軍と共に ベトナム戦争に参戦して

韓国の貧困時代に どういう風に国民が外貨を稼ぐ為に苦労したのかという流れを
主人公を通じて 表現されている映画でした。

ただ

ベトナム戦争に関しては 韓国軍が どういうことをしたのかが 知られた今となっては

ある意味 この映画の表現の仕方に対して

どうなんだろうと感じる 私がいましたね。

知らないという事は
逆に とても残酷で滑稽に見える

この先 真実が明らかになるにつれて
ベトナム戦争に参戦した事を 題材にするのは ためらうようになるだろうなぁと
思いますし

この大ヒットした映画でも 描写されているのに

中国軍に 虐殺されて 侵攻されているのに

中国に傾倒する今の 韓国政府に 何も思わないんかい?って

本当に 不思議ですわ

しかし
日本が 全然出て来ないというのは ある意味 安心して 見れました。


まぁ 韓国はこういう時代を経て来てるという事は 良く分かりました




nice!(0)  コメント(0) 

スーパマンが帰ってきたで、びっくり@@ [韓国]

毎週土曜日 朝鮮ガンマンの再放送を見るときに

ドラマの前に 「スーパーマンが帰ってきた」という 番組が放送されていて

早めにつなぐと 否応なしに 見ることになるのですが

ああぁ この番組か~と

記事とかで 見かけた 

日本のモデルと 在日の格闘家の間に生まれた 娘が 出てたので

遅まきながら やっとわかったわけです

その娘が 韓国では 結構人気があるとかという記事を見て

ふ~~ん なんて 思っていたわけです 

耳に イヤホンして 他のことしながら 聞き流していることが多いのですけど

この番組のあり方が 見る限り

正直 私は 子供に食わせてもらってる 情けない親たちという 印象しかなかったんですわ

だって その格闘家の親父さん・・・・・ 今 何して 稼いでるの?って 思うのでね

奥さんの方は、モデルとして日本で 結構 露出してるしね

土曜日の朝の テレビ番組でも見たことあるし

まぁ それは どうでもいいことですが

先日の その親子のコーナーでは

あの アジアのプリンスがゲストで 出てて 

思いっきり 娘に 警戒されてましたね~^^;

いったい どういうつながりが?っと 思いましたけど

それも どうでもいいことで

この親子のコーナーでは 思いっきり 日本語韓国語がちゃんぽん だったのも 

へぇ~ KBS こういうのは 大丈夫なんだと 意外でした

ただ 日本語は 全部 訳されてなかったですけどね

まぁ それよりも

その 親子の前のコーナーに出ていた 親子にビックリしてしまった

ということを 書こうと思ったのでした。

それは 日本でも 超有名な 韓流スターさんでした

まぁ あることがあって 今では 

日本の地に 足を踏み入れることは できないお方になっちゃいましたが

この お方 三つ子のお子さんの パパでしたね。

で、 最近 この番組に合流したようです

ここで 私が 何を思ったかは・・・あえて 書きません

で、 先日のこのお方のコーナーのことでした

イヤホンで 聞き流し 他のことをしていたら

私の耳に

「アッパ マンマ! アッパ マンマ!」 という声が聞こえて

(メ・ん・)? アッパ マンマ ? って 何?

と パソコンの画面を見たら

そのお方が 自分で作ったであろう

麺らしきものを 食べている姿が

で、 いわゆるテーブルの食卓で 食べているのですが

たぶん 冷麺だな あの特徴的な 金属の入れ物は

そして 豆腐料理

画面に 豆腐という 吹き出しが入っていたので

で、 その周りに 三つ子ちゃんたちが 群がるようにして

パパの食べ物の器に 手を入れてるんです

食べようとして で、その度に 「アッパ マンマ」と 言ってるわけです

マンマ へぇ~ 韓国でも マンマって言うんだ~という 思いと同時に

なんで、子供に食べさせないで 自分だけ食べてるの?という 驚きも@@

子供たちは 椅子に乗ったり テーブルに乗ったりして

パパの 器に手を突っ込んでます

すこし つまんでは 口に入れてたりしてる姿をみて

唖然・・・・・と 見ていたら

そのうちに その方は 台所から

大きな 洗面器のような 器を 二つ 持ってきて

それを 床に 置いたんです

で、

三つ子ちゃんたちが それに 群がったんです・・・・

そう 群がったという感じに見えましたよ

そこに パパと同じものが 入っていて

手づかみで 思い思いに 麺を食べたり 豆腐を食べたり

その間 パパは

テーブル席で 食事の続きをしてたの・・・・・

唖然・・・・

私の頭には

犬の子かい?・・・・・

ただ 唖然

ただ びっくり

ただ 呆然

ただ 呆れましたわ

こういう 食事が あたりまえだと思って 育った 子供たちって・・・・ 

この俳優さん 

これで 健全な 子供が育つと思って?

 

日本なら 親よりも先に 子供に食事です

そして

3人なら 3人用の 子供用のテーブルあるじゃないですか

あの 丸くて足のついたやつ 真ん中に子供を入れるやつ

ああいうのに 座らせて 一人一人に 別に盛りますよね?

韓国の視聴者は あれを見て あたりまえだと 受け取るのでしょうかねぇ?

私には 衝撃的な 印象でしたけどね。

そして

その俳優さんの 人格というか 人間性に ますます 疑問を 持ってしまいましたね 

この番組 確か 日本でも見れるんですよね

まぁ ごく限られた方々でしょうが

果たして この俳優さんのファンの方が これを見て

どう感じるでしょうか?

私は 興味津々です。 

 

 

 

 

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:テレビ

2012年12月ソウル・・・北村から三清洞へ [韓国]

北村から 青瓦台が見える場所から 三清洞への近道 階段があります。

2.jpg

こんな感じですが

この階段に名前が付いていました 日本語で”快晴の道”

まさに この日のお天気に ふさわしい道の 名前ですが 

狭くて急で この日は バリバリに 凍っていて 慎重に降りて行きました。

2-1.jpg

降りたら とても素敵な絵がかいてある お店? 家の壁?

2-2.jpg

そして お昼ご飯の店に

表通りから 裏に入るので 私一人では とうてい分からないお店ですね~

2-3.jpg

ファ ”花” というのでしょうか

2-4.jpg

入り口に 可愛い雪だるま

2-5.jpg

中が とても 趣のある内装でした

日本語メニューもあるんですよ

私は 注文は任せましたが たぶん 店員さんは 日本人に慣れてる感じでした。

2-6.jpg

2-7.jpg

スンドゥブとプルコギセットを頼んだんですが 1セット6000ウォンというお値段で 安い

500円くらい?

2-8.jpg

で 食べ終わって三清洞から仁寺洞へ向かう道で 

可愛いお店を パチリ

2-9.jpg

よく見ると 私が映ってますね^^;

銀のアクセサリー作家の方のお店でした。

そして 仁寺洞に向かう道で 両側に学校がある道を通ったのですが

この道の風情が好きなんだと ホストファミリーが言ってました。

あぁ・・・冬ソナのロケ地でもあるんですよね・・・

3-1.jpg3.jpg

仁寺洞は、 あまり時間が無くて ほとんど駆け足で通り過ぎたので 

今回は フォトを撮ってなかったですね

そもそも 安国の駅の喫茶店で ほとんど おしゃべりして時間をつぶしてしまったので^^;

人と会う時間は 限られてますものね~


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

2012年12月ソウル・・・北村 [韓国]

ジュンギとは あんまり関係ない ソウルの旅

12月の韓国ファンミの翌日 9月にお世話になったホストファミリーの方と再会しました。

待ち合わせは 徳寿宮の地下鉄の入り口

水原から 私に会いたいと わざわざソウルまで来てくれました。

会えたら嬉しいなとは 思ったけれど ジュンギから始まった韓国に

ジュンギ以外の 好きな人が出来たというのが 本当に嬉しいです。

正直 ジュンギは好きだけれど 

まだまだ 韓国という国が 心から好きになれずにいる自分がいました。

同じ 韓国語を習っている 先輩が 心から韓国が好きだと言える事に

凄いなぁって・・・・・

でも ジュンギだけでなく 好きな人が増えてくれば 韓国という国への思いも 変わるだろうと思います。

昨年の2月に コンビニのおばちゃんに 韓国語が上手だねって(お世辞にしても)言われ

そんな ちょっとしたことでも 良い思い出になって

北村への道が分からなくって 飛び込んだお店のオーナーらしき女性に 

親切に道を教えて頂いたことも 良い思い出になって

現地の人とじかに触れ合って 少しでも 良い思い出が増えてくれば

もっと 韓国が好きになると思います。

でもね たまに 良い事と同じように グサッと 嫌なめにも あったりしますけどね。

だけど 12月は とても楽しい思いで 最後まで帰って来れたので 気持ちいいです^^

きっと 心の持ちようと 後は 慌てずに落ち着いて じっくりと考えて行動するべきという

教訓だと 受け止めるべしだなって そう思って行動したのが 良かったのかな

これからも 行きたいときに行くと思います はい(;´∀`)

で ホストファミリーに 何処に行きたいかと尋ねられ 仁寺洞方面と 

でも 仁寺洞は お店が並んでいるだけなので 近くの北村に行く事にして

三清洞のお店でお昼を食べて 帰りに仁寺洞を通って帰るというコースに

私は 徳寿宮から 地下鉄に乗ってという風に 当然 思ったんですが

帰りに分かったんですが なんと 彼女からすれば 全部 歩いていける範囲なんですわ

帰りに 仁寺洞から明洞まで 歩いて帰って来れましたもの

彼女に言われました 明洞からテハンノまでは 歩いて行く距離だと・・・・・(;´∀`)

さすがに 私には それは無理だなって・・・・

でも 仁寺洞 明洞は 近かったです 意外と・・・・

地下鉄って 乗り換えがあるから 結局遠回りなんですよね。

今回の事で ソウルの明洞付近は 地図を見れば 大体の方向が分かるようになりました

ありがたや~~~

そして 今回 T-moneyを 駆使したので とても楽でした。

金浦空港から空港鉄道に乗って ソウル駅に そして地下鉄4号線で明洞に

帰りは 明洞から空港バスに乗って それも T-moneyで 支払できたので

現金でいくら?って考えなくても ほんとに楽でした。

北村のフォト ご紹介しますね フォトが多いので 分けます

北村韓屋村エリアは 山に向かって右側と左側があって

この日行ったのは 左側の方 左側の方から三清洞に下りていく道があるんです

上の方の ホットスポットから こういう屋根瓦の重なった景色が見ることが出来ます

1.jpg

これが ホットスポットのマークです(この場所からの眺めが良いという意味)

1-2.jpg

私 一瞬 パワースポットと勘違いしてしまって・・・くふっ・・・・

韓屋といえば やっぱり 特徴的なのは 壁ですよね~

1-1.jpg

1-4.jpg1-5.jpg1-6.jpg1-7.jpg

1-3.jpg

1-8.jpg

1-9.jpg

日曜日だから 本当にたくさんの観光客がいっぱいでしたよ。

だけど この坂道に 雪で しかも 氷点下なので ツルツル

みんな 上るのに苦労してましたよ

私は もちろん 雪国から出て行ってるので 滑らないブーツですもん FFF

だけど

けっこう 日陰は 特にツルツルなので

ホストファミリーと手を繋いで 歩いて行きました^^;


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行