So-net無料ブログ作成
犬とオオカミの時間 ブログトップ
前の10件 | -

アジアの星イ・ジュンギ、出版界も受け付ける [犬とオオカミの時間]

そっか~ やっぱり 一時売り切れた感じだったのね。

犬と狼の時間メイキングブックの記事です^^

元記事は、コチラ

아시아의 별 이준기, 출판계도 접수하다

アジアの星イ・ジュンギ、出版界も受け付ける

NISI20120430_0006269690_web.jpg

【ソウル=ニューシス】ユ・ヒヨン記者=俳優イ・ジュンギが軍生活の間の空白が面目を失う程相変わらずスター性を誇示している。

最近韓国と日本で同時出版されたドラマ メーキングブック‘

イ・ジュンギと共にする犬とオオカミの時間’は出版界不況の中でも一週間ぶりに初版が消耗したほどだ。

イ・ジュンギが出演したドラマ‘犬とオオカミの時間’は

5年前に放映されたことにも関わらず現在まで

ファンたちの愛が続きながら出版界はもちろん放送・芸能界の話題に浮び上がった。

韓流出版専門企業ブックログカンパニーは30日

“イ・ジュンギと共にする犬とオオカミの時間は国際的に通じるイ・ジュンギの‘一番パワー’をもう一度実感させたケースで、

誠実な俳優とよく作られた本が互いに益があったという好評を得ている”と明らかにした。

超大型アクション ノワール ジャンルを標ぼうしたドラマ

‘犬とオオカミの時間’(監督キム・ジンミン・2007年)は

誰が敵で味方なのか区分できない暗黒世界の混沌と、

からまってしまった愛の矛盾の前で苦悩する三人の男女のジレンマを描き出した秀作だ。

放映当時韓・中・日など25ヶ国550万ネチズンが‘最高のドラマ’で選定した程

作品性と大衆性が証明されたドラマでもある。

本の中には

除隊後初めて持つイ・ジュンギのインタビューと

未公開スチール カットおよびキャプチャーカット400余枚が収録されている。

一緒に‘ドラマ メーキングブック’という名前に似合うように

‘ストーリーダイジェスト’ ‘登場人物紹介’ ‘ヌワルが可能だった背景’

 ‘生き生きした画報’等ドラマ‘犬とオオカミの時間’の全てのものが含まれている。

一方‘イ・ジュンギと共にする犬とオオカミの時間’は

ドラマ関連最大コンテンツを保有したドラマ専門出版社ブックログカンパニーが心血を注いで準備した

初めての韓国ドラマ公式ガイドブックで全体がカラーで構成されている。

すべての購買読者にはイ・ジュンギ スチール カットで整えたハガキ4枚を贈呈する。

 176ページ、1万9000ウォン.

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

犬とオオカミの時間は、もっと もっと評価されても良いドラマだと思っています。

何故なら

私の地方で地上波放送されたのを見た人(韓流興味なし)が

ジュンギも良いし ドラマも良いと認めたくらいですから

目に触れる機会が多くなればなるほど、もっと多くの人の心を打つはずです。

イルジメも良いけれど、俳優イ・ジュンギの真骨頂は、このドラマにあると感じています。

本当の俳優イ・ジュンギを知らない 

あのひと このひとに ぜひ伝えたいドラマですね~

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ところで、ウリ俳優は、

中国ファンミも無事に終了して、無事に韓国に帰ってきたようですね。

で、ツイによると 5月初めから海外での雑誌撮影&インタビューですってね

これが、タクカメラマンと話していた 外国旅行の事なんですね~

今度は、どこかな?

この撮影は、エピソードJも絡むのかしら

それとも 韓国雑誌単独かな?

日本雑誌・中国雑誌 と 続いたので

本国の 韓国雑誌インタビューは、まだないのかしらって思っていたので

やっぱりとは思いましたけれどね

ジュンギと縁の深い雑誌 あそこかな? あれかしら?

日本の雑誌のフォト・・・・

これが一番・・・というのがまだないので・・・・

中々 ジュンギの本質を撮り切れる カメラマンにお目にかからないなぁ・・・

ドラマが終わってからでも良いので

とことん ちゃんとしたフォトを撮ることが出来る日本人カメラマンとコラボしてほしいなって

私のプチ 希望というか願望です。

昔 昔 明星のカメラマンで とてもいいカメラマンがいたんですけどね

篠山紀信さんは、別格ですが、 篠山さんが撮るジュンギも見てみたいけれど

もっと、アートを表現できる人が面白いかな

蜷川実花さんとのコラボも面白い気がしてる。


犬とオオカミの時間原作漫画 [犬とオオカミの時間]

해질녘... 모든 사물이 붉게 물들고.
夕方... あらゆる事物が 赤く染まって。

저 언덕 너머로 다가오는 실루엣이
あの丘 向こう側で 近づく シルエットが

내가 기르던 개인지,
私が 育てた犬なのか、

나를 해치러 오는 늑대인지 분간할 수 없는 시간
私を害しに来る オオカミなのか 識別できない時間

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

う~~~ん・・・ ジュンギのナレーションで聞きたい・・・

なんだか、先日の”青い時間を知っていますか?”に誘発されて・・・

かってにケヌクシ祭りです・・・・

それで、何となくネットサーフィンをしていたら

この原作漫画があると・・・・今は、5巻くらいまで行ってるようです・・・

もし、続きがあるのなら どうなのか知りたいですよね・・・って

まぁ 想像を掻き立てる終わり方が良いのかもしれませんけどね・・・

001.jpg001 (1).jpg19367.jpg

中々に カッコいい原作漫画だと思いませんか~~

 

まぁ 実際どっちが先なのかは、ちょっと良く分からないんですが

ニワトリが先か卵が先かの違いかもしれませんね・・・


 


『犬とオオカミの時間』07年日本ロケ [犬とオオカミの時間]

俳優イ・ジュンギに まだ、私がハマっていなかった07年

『犬とオオカミの時間』の最終回のロケが日本でありました。

この時は、確かファンクラブでロケのお知らせがあがって

沢山のファンが押しかけた事で、ファンクラブが 製作会社からおしかりを受けたんですよね

ファンが、撮影の邪魔になったっていう感じでしょうか・・・・

ジュンギにすれば、ファンが見守ってくれるのは嬉しいけれど・・・・

撮影の邪魔されたら、製作会社は、ギリギリの時間で撮影してるから、大変だったでしょうね~

今は、絶対無理ですよね・・・・;; 良いんだか、悪いんだか・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ジュンゲルの 준원さんが、その時のフォトをアップして下さっていました。

初めて観るフォトばかりで、嬉しかったです。 ありがとうございます~

ファンが居るであろう方向に、ジュンギが手を振ってますよね・・・・羨ましい~~

kenukusijap.jpg

タフチリア・.JPG


祝☆ミ イ・スヒョン誕生日【ケヌクシ】 [犬とオオカミの時間]

今日は、『犬とオオカミの時間』のイ・スヒョンの誕生日ですよ~・・・^^;

このドラマで、イ・ジュンギの魅力にハマった私としては、お祝いしないとね~

inu11.jpgjun_ost_15sin-1.jpginu12.jpg

このドラマも 本当に良くできたドラマでしたよね。

このドラマの最終回を見たときの 衝撃は、未だに忘れられないですね~

そして、その衝撃を越える物は、未だに現れていません。

この最終回で イ・ジュンギの演技力に 本当に惚れましたから。。。。。

このドラマの評価がもっと 上がっても良いと思うんですが

やっぱり、地上波に来ないと駄目ですよね~

M-netで、放送あるんでしたよね

8月放送予定です コチラ

まぁ イ・ジュンギファンで未見の方は居ないと思いますが

もしおられたら、これは、必見ですぞ~

本当にカッコイイ ジュンギが見れますからね~

 

 


犬とオオカミの時間メイキングDVD・・・その4 [犬とオオカミの時間]

kenu2.jpg

このメイキングを見ていて思ったんですが
イ・ジュンギという俳優は、
冷静さというか客観的にコントロールしながら演技が出来るんだなぁと

13話で記憶を取り戻すという場面があるのですが

私は、この回のイ・ジュンギの演技が一番好きで
今回のメイキングにも私が思うよりもこの回のメイキングが入っていたので
ちょっと 嬉しかったんですが

ただ、前に書いたように肝心要の監督の訳が全くなされていないので
言葉がまったく分からないというストレスにもっともさらされる個所でもあるのですね。

『犬とオオカミの時間』の中で最も重要で、また13話の中でも
最も重要なシーン

リハーサルの時から感情を出しながら演技している彼を見て
胸が締め付けられるようでした。

相手役のピョン先輩は、イ・ジュンギのそんな姿に圧倒されているように見えました。
リハーサルなので、先輩のほうは、力を抜いているように思えたのですが
もう・イ・ジュンギの方は、この段階から涙を流して演じていましたので
このメイキングでは、ホンの部分しか映していませんでしたが
これを4時間余り(あるインタビューで言っていたので)もやったのかと・・・・
しかし、感情を出しながらも、監督の指導に耳をちゃんとかたむけているという
役者根性というのは、こういう事なのかと・・・

そして、このDVDの為なのかカメラを回しながらジュンギに質問しているんですが
その質問が的外れに感じているのは、私だけでしょうか?

特に13話のこの重要なシーンの為に特殊メイクをしている最中
徐々に気持ちを高めて行きながらセリフを練習しているジュンギに向かって
『額の傷のメイクして 何のシーンですか?』って
イ・ジュンギもついイライラして
『ああ~もう めんどくさいなぁ~。見れば分かるだろう?今日は、ス・ヒョンが記憶を取り戻して感情を爆発させる最も重要なシーンを撮るんです』って笑いながら言ってましたが

私も、思わず この質問に
『あんた、今までずっと追っかけて撮ってるんでしょう?馬鹿じゃないの?』と突っ込んでましたよ^^;

質問が下手なんですよ~。
せっかく、イ・ジュンギのこんな間近にいながら
もっと、演技について突っ込んだ質問が出来ないのかと・・・・・

ドラマの内容に並行してこのメイキングも場面を順に並べていますけど
もう少し、何年何月何日をいれたり
ナレーションを入れたりすれば、もっと面白い内容になったのになぁって
音楽とかもいれたり
本当に編集次第で、もっと良い内容のDVDになったろうにと
ファンだからこそ 惜しくて惜しくて・・・・

ある日本の役者さんの何百日を追いかけメイキングDVDを持っていますが
同じような値段で、もう編集の仕方が全然違いますよ。
質問のしかたも面白くって 彼の内面にずっと迫る感じだし

ただ、ダラダラと映像を並べるなんて安易な作り方してませんね。





犬とオオカミの時間メイキングDVD・・・その3 [犬とオオカミの時間]

犬とオオカミの時間のメイキングDVDを観ていて 気になった事がありました。


『フライ・ダディ』の世界  ~イ・ジュンギの挑戦





を観ていると イ・ジュンギは必ず自分の演技をモニターでチェックしていたんですが
この犬とオオカミの時間のメイキングには
イ・ジュンギがモニターをチェックする姿が一切出てこなかったんですね。
映画と、テレビという違いもあるかも知れないんですが
気になりました。
日本のテレビドラマのメイキングを見ていたりすると
俳優さんが自分の演技をモニターでチェックする場面などを見たことがあるので
チェックできないという感じでもなさそうに思うのですが

イ・ジュンギの性格からするとチェックしないではいられないはずなんですが・・・・
そういう映像を入れなかったのか
させてもらえなかったのか・・・・

そして、何よりも 大変そうだなぁって思ったのが
監督がビッタリと横について演技指導をしていた事です。
大事な場面ほど 監督の演技指導にも熱がこもっているのが分かります。
何を言っているのかを訳してくれたら この辺 もっと楽しめたんですけどね~。

取り直しの時でも、一呼吸置かずに直ぐに ”ハイ・アクション”という感じだったりして
安定した演技をするのが大変そう と感じました。
イ・ジュンギのリズムで演じているというよりは、完全に監督のペースなので・・・・

こういう ハードな撮影の上で、ああいう良質な演技をしていたのかと 驚かせられました。

メイキングとは関係ないのですが
犬とオオカミの時間の本編を観直していると 物足りないものがあるのに気が付きました。
それは何かというと

チョン・ギョンホが演じたミンギが
イ・スヒョンにそっくりのケイに始めて会った時のリアクションがいま一つの演出だと思うのです。

ジウの心の葛藤が割り合いに丁寧に描かれていただけに
ミンギの心の葛藤の描き方が物足らないのでは・・・・と思い当りました。

もっと、驚いたりなりの何らかのリアクションがあっても良かった気がする。
父親を亡くした時に 自分にとっては兄弟だったイ・スヒョンにそっくりの男が関わっていたとなったら
もっと、葛藤したり、苦悩したりの場面があっても当然に思うのです。

物語全般は、凄く良く出来ているのに
時折 演出に違和感を感じる事があったんですが
最近 観ているうちに そうだなぁ~ここをもうちょっとというような部分が見えてきました。
最近 気になっているのが、先に書いた ミンギの演出だったのです。
(こんなことばっか書いてる私って・・・・何様よ~~~って感じですが・・・^^;)

犬とオオカミの時間メイキングDVD・・・その2 [犬とオオカミの時間]

先日、散々愚痴ってしまったこのメイキングですが、
アマゾンで、数日前に観たとき 残り5セットになっていて うわ~って思っていたら
もうアマゾン割引の販売が無くなっていました。アマゾンで扱っていた分が売り切れたんですね。

いまは、出品者より販売になっています。
犬とオオカミで落ちた方が多数とは思っていましたが
これは、凄いかもです。

で、このメイキングを見ていて 気になった事がありまして

タイの撮影で あの例の汚い川に飛び込むシーンを撮っているんですが

チョン・ギョンホ君は、撮影が終わったとたん上半身脱いじゃって、体を拭いていたんですが
我らがウリ・イ・ジュンギは、何故か脱がないんですよね~
『アハハッ・・・水が汚い・・・』と言いながらも・・・・

ハワイに行った時もTシャツに水着で
雑誌の記者の方に書かれてましたよね
『イ・ジュンギは、Tシャツを脱がない。彼のTシャツの下がどうなっているのか誰も知らない』って

そういう視点で このDVDを見ていたら そうだなぁ~
何故、汚いシャツを脱がない?と疑問が・・・

ラブシーンでもシャツを脱いでないしね~・・・・? なぜ?

イ・ジュンギの不思議の一つですね。

さて、どうせなら七不思議を見つけていく事にしますか?
あとは、何かなぁ~・・・・^^;


素顔のイ・ジュンギ in 犬とオオカミの時間 メイキング [DVD]


犬とオオカミの時間メイキングDVD [犬とオオカミの時間]


素顔のイ・ジュンギ in 犬とオオカミの時間 メイキング [DVD]

さて、
このメイキングを予約していた方には
もう届いている事だと思いますが どうでしたか?
私にとっては、
正直、欲求不満になる内容でした。

何が・・・・
訳が不親切すぎるんです。
イ・ジュンギや監督・スタッフの言葉をすべて訳してくれていないので
何を言っているのか分からなくって イライラする所が多いんです。
それに、変な日本語訳もあったりして
これって、ちゃんとしたメーカーなのかしらって疑っちゃいました。

同じ素顔のイ・ジュンギシリーズでも
『イ・ジュンギの挑戦・フラィ・ダディ』は、良く出来ていて
監督とイ・ジュンギのやり取りとかも良く訳してあって面白かったのにとおもったら
出しているメーカーが違うんですよね。

この犬とオオカミの時間では、監督とジュンギのやり取りが多いのに
その部分が訳してなくて
視聴者は、ほったらかし状態で
これじゃ、メイキングの意味が半減ですよね。

映像は、今まで観てない映像が多かったので 映像については良かったのに
問題は、肝心の言葉です。
特に、監督がジュンギに演技指導している部分の言葉を知りたいのに
結構はしょってしまっているんです。
そして
犬とオオカミの時間のメイキングなのか
イ・ジュンギの犬とオオカミの時間のメイキングなのかで
このDVDの評価が決まるなって感じです。

イ・ジュンギという名前を看板にするなら
徹底的にイ・ジュンギを追いかけた映像を繋ぐべきだと思うのに
イ・ジュンギの映っていない場面があったりするので
このメーカーは何を考えているんだと・・・・・

期待が大きかった分、ちょっとがっかりする部分が目立ちすぎたわけですね。
こういうDVDこそ
ちゃんとした編集をしてもらわないと
イ・ジュンギの名前を汚す行為に繋がる。
ファンだからって何でもかんでもOKじゃないよって 声を大にして言いたいです。

私が編集したいくらいです・・・^^;
膨大な映像資料を寄こしなさいってね・・・・・^^;

CSTBSチャンネルで犬とオオカミの時間を観よう [犬とオオカミの時間]

イ・ジュンギ君の魅力にどっぷりとハマるきっかけになったのが
今年WOWOWで放送された『犬とオオカミの時間』です。

『王の男』で、好きになった俳優さんではありますが
ずっと追いかけていた訳ではないので
この『犬とオオカミの時間』で久しぶりに会ったイ・ジュンギ君の素晴らしい演技力に惚れてしまったんですね。

特に8話位からの記憶を失った“ケイ”としての人格にドキドキさせられました。

記憶を失ったばかりの心もとないオドオドした子犬のような表情から
マオによって育てられ大胆で非情な”ケイ”になっていく過程
”ケイ”としての自我があやふやになってスヒョンとしての記憶を取り戻す過程
13話の慟哭のシーンは、何度見ても一緒に泣けてしまいます。

JKスペシャルのフイルムの中でもこのシーンが入っていて
イ・ジュンギ君が一番苦労して集中したシーンというだけあって
思い入れが深いと感じて より一層感慨深く観ていました。

彼が言っていたように
二役だけれども、見方によっては、3役、最後の人格を入れると4役になる役柄だったと思います。

まっさらなスヒョン
記憶を失ったケイ
記憶を取り戻した、ケイ交じりのスヒョン

自分の最愛の恋人の父親の死に関わってしまったスヒョン
この最後のスヒョンは、また違う人格になってると感じました。
実際、そういう衝撃的な体験をしたら変わらざるを得ないでしょうと納得させる演技だったと思います。

kenukusijun.jpg

今年の夏にも同チャンネルで再放送されていましたが
12月からCSのTBSチャンネルにて放送予定となっています。
楽しみな所は、WOWOWの字幕・DVDの字幕とどう違うのかと見比べられるかなという所です。
TBSチャンネル独自の字幕編集してくれたら嬉しいのですが・・・

このトップページのフラッシュに犬とオオカミの時間の画像が早くも流れてるというのは、
扱い的に大きい気がします。
ただ『犬とオオカミの時間』のページに行ってみても
まだ、正確な放送時間とかのスケジュールがまだなので
もう少し充実させて欲しいところですね。

WOWOWの放送の時には、イ・ジュンギ君のスペシャルインタビュー(DVDの特典映像になってましたね。)が
ネット上に上がっていましたが、
TBSチャンネルも特集組んでくれないかなぁって期待したいですよね。
TBSチャンネルならではの犬とオオカミの時間特集・・・・やって欲しいですよね。

イ・ジュンギインタビュー2007年8月【動画】朝鮮日報記事 [犬とオオカミの時間]

ちょうど『犬とオオカミの時間』を撮っている最中でしょうか

『ケイ』の扮装したイ・ジュンギ君です。
この記事のタイトルが
ドラマと映画でカムバックしたイ・ジュンギですが
はっきりいってこのタイトルは、ピンときませんでした。
(上記のタイトルをクリックで動画記事に飛びます)

kenu.jpg
ずっと作品に出続けている彼に対してカムバックって?
確かに『犬とオオカミの時間』と『華麗なる休暇』(光州5・18)は、ヒットしましたけど
ヒットする作品に出続けること自体が奇跡のようなものでしょうにって突っ込んでしまいます。
でも
この動画のイ・ジュンギ君の答えが好きなので許しますわ~^^;
それに、この頃も良い顔しているジュンギ君です。

この中で、神様に一つだけ質問があるとしたらの答えが
『自分がいつ死ぬのか聞いてみたい。いつ死ぬのか分かったら それまで一生懸命生きられるでしょう?』

これには、 ドキッ としました。

イ・ジュンギ君ってやっぱり普通の若者じゃないわ
本当に『今』という時を一生懸命生きる事に意義を見出す人間だって

自分がどう生きるのかとか、生きる事の意味とか
そういう事を深く考えている人なんでしょうね。
そして、だからこそ 好奇心が旺盛で、欲張りなんですね。

それから 最後の質問が
『この世から絶対なくなって欲しいものは?』に対して

『貧富の差』って・・・・・

何を見て、感じて この答えなんだろう?

彼のインタビューの受け答えって質問によって
新しい彼の一面を知ることが出来て、ほんと面白い。
最近は、こういう動画が上がってこなくてさみしいですね。

古いものばかりですが、
色々なところの動画を検索で見つけて、楽しんでます^^


前の10件 | - 犬とオオカミの時間 ブログトップ