So-net無料ブログ作成
検索選択

縁とか シンクロニシティとか セレンディピティとか [パラム心中]

今年も 桜の季節が 終わろうとしています。


これは、近くの公園の ウコン

黄色みがかった 桜です。

23日ごろに見に行きました。

これは、いつもよりも 早い開花だった気がします。

1.jpg


そして、昨日 いつものように庄川桜を見に行ったのですが

まだ つぼみが硬くて 全然


へたすると 連休明けに開花になりそうだとか


こちらは いつもよりも 遅いです。


s2.jpg


荘川桜は 五箇山の方なので

ぐるっと回って 高山の方に寄って 帰ってきましたが

高山の方が 桜 花盛りでしたね。


夕方 帰りながら 川沿いの桜並木が とてもきれいで

もっと早くに 降りればよかったと・・・・


まぁ これはこれで 風情ありますね。

3.jpg2.jpg4.jpg


いつも 同じ桜が見れるとは限らない


桜の季節は 一年に一回


ある 米作りの農家の方が おっしゃいました。

一生のうちに 作ることができるのは 何回だろうか?


一年に一回の経験なので

何年たっても 初心者だ

生き物は その時々で 違う


この言葉って

本当に どういうことにも 当てはまるなぁって

ずっと 私の心に 残っています。


桜の花が見れるのは

私の残りの生のうち 後何回なんだろう?って

最近

いつも思いながら 桜を見ています。


私が生きているうちに

ジュンギを応援できること

ジュンギの作品を見ることができること

後どのくらいだろう?

そういう考えと 同じなんです。


イ・ジュンギという 俳優に 惹かれた 「 縁 」


それって 一体何なんだろうなぁ・・・って


いつも 心によぎるし 


何故 イ・ジュンギ 何だろう?って ことも 思う


本当に 不思議なんですけど


まったく 他の韓国俳優さんには 興味わかないんですわ


たとえ 作品を見たとしても


イ・ジュンギほど 近く感じない


魂の部分で まったく感じない


かといって イ・ジュンギの すべてが好き という訳でも無くて


もちろん 嫌な部分もある


タバコを吸うのは やめて欲しいし

変な踊りを たまにしてるけど それもやめて欲しいし

基本的に 男性のピアスは 好きじゃないし・・・・


もう これは、

「 シンクロシニシティ(必然的なる偶然の出会い) 」とか

「 セレンディピティ(魂の部分での共時性) 」 とか という 部分になってくるんだろうなぁ


で、

ジュンギの 熱愛報道で

その スクープ写真を見たときに

一番先に思ったのが

なんとまぁ 色気のないカップルだこと・・・・


熱愛 という部分を 感じなかったんですよねぇ・・・

恋愛してるカップルにしちゃ さっぱりというか


友達 友達 という感じで


二人きりというよりも 誰かと一緒のところの 切り取りフォト


で、 その頃に チョン・ヘビンさんが出た バラエティが

最近放送になって

その動画を見たんですが

タイミングが 報道時だったので もちろんその話が振られるわけで


彼女の 話を聞いて

何だろうなぁ

この あっさり感は? と

熱愛というか 恋愛してる人には感じられん

ジュンギに対して 尊敬感が感じられないし

友達感覚・・・・?


で、 思ったのですが


「 縁 」 がなければ たぶん 結婚まで いかんだろうなぁ


もう少し 大人の恋愛を超えた 何か


そういうものを感じられるのかと 思ったんですが


チョン・ヘビンには まったく 焦りとか 結婚願望 感じられんわ・・・


という 結論に至りました。


彼のことが好きで好きで

お騒がせして すいません という 涙でもあったら

ファンとしては しゃ~ないなぁ・・・って感じただろうけど


なんだかなぁ・・・


イ・ジュンギには、


もっと 俳優として 羽ばたいてほしい と思っている

ファンとしては、


そんな 中途半端な気持ちの人に


そう簡単に

イ・ジュンギは 渡せん・・・と思ってしまったぞ・・・


ジュンギや~~~


目を覚ませ!!!


どうせ結ばれるなら 本当に心から 愛してくれる 女性と結ばれなさい



はははっ・・・・










nice!(3)  コメント(0) 

韓国TVドラマガイド vol70 [JG雑誌]


この号のジュンギ表紙 インタビューphoto 共に

日本人カメラマンですね


昨年の 日本公演の合間に 集中して 雑誌インタビュー

DVD用インタビューを受けていたんですね。

同じ 衣装で あちこちの雑誌に出てます


韓国TVドラマガイド(70) (双葉社スーパームック)

韓国TVドラマガイド(70) (双葉社スーパームック)

  • 作者: 双葉社
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2017/04/22
  • メディア: ムック
韓国TVドラマガイド(69) (双葉社スーパームック)

韓国TVドラマガイド(69) (双葉社スーパームック)

  • 作者: 双葉社
  • 出版社/メーカー: 双葉社
  • 発売日: 2017/02/22
  • メディア: ムック


もっと知りたい! 韓国TVドラマvol.77 (メディアボーイMOOK)

もっと知りたい! 韓国TVドラマvol.77 (メディアボーイMOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: メディアボーイ
  • 発売日: 2017/02/06
  • メディア: ムック
韓国時代劇歴史大全2017 (扶桑社ムック)

韓国時代劇歴史大全2017 (扶桑社ムック)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2017/03/30
  • メディア: ムック


でも 衣装替えする時間なかったのかねぇ

せめて 雑誌毎に上着だけでも

変えてくれたらいいのに 


それにしても

テレビ媒体がほとんど無くなって 寂しい限りですね



韓国TVドラマガイドの方は

2号連続ジュンギ特集で

いつもジュンギの演じるキャラクターの魅力を

思いっきり語ってくれる

高橋尚子さんが記事を書いてくれるので

本当に嬉しい限りです


もっ韓の方は

ジュンギインタビューだけでなくて

他の出演者のインタビューも充実しているということで


この2つの 雑誌は 方向性が違いますよね


私は 正直

なんで、この 『麗』で ジュンギに若いファンが増えたのか?

どうしても 分からんかったんですわ


物語は、決して愉快な内容でないし

ジュンギの出番も 前半は、本当に少ないし


王になるまでのビュジュアルは 良いとして

王になってから 怖いし ((((;゚Д゚)))))))


こうして

雑誌の中で 高橋尚子さんが ワンソの魅力を語ってくれることで

なるほどなぁと 腑に落ちる感じがありました。


今回 日本の雑誌のインタビューで

驚いたことが


ジュンギが 他の出演者よりも 早く現場に行って

入念にリハーサルを重ねて キャラクターを作り出していた事です。


そして この号でジュンギが語っているように

今回は、内面を掘り下げた 繊細な表情演技にこだわったこと

確かに 今まで以上に

そういう部分は、伝わって来ました。


おおっって 思ったのが


ヘスが 歌う場面で

ワンソが 突然 ヘスへの恋心に気付く場面です


そうなんだよねぇ


今まで まるで同志のような 友だちのような感覚で 

ヘスと接していた自分の気持ちの中に


えっ


俺 もしかして あいつの事 好きかも?


えっ  まさか@@


この気持ちは、 恋なのか?


ハイ にしきのあきら 状態ですなぁ


GOLDEN☆BEST にしきのあきら

GOLDEN☆BEST にしきのあきら


もう恋なのか?


そういう感じ


そのシーンの ワンソの表情が


本当に秀悦 でした。


高橋尚子さんの 言葉で嬉しいのが


イ・ジュンギインタビューには 使えない言葉がない


別次元だと感じる


普段から 演技について

観てくれている人について 深く考えている



こんな言葉を言わせる 俳優って 珍しい存在だと思います。


ファンが求める 新しいイ・ジュンギを見せたいという言葉が言えるジュンギ


私たちが知ってるジュンギは

そういうジュンギだと思います。


もちろん 人間には多面性があるという事

分かってます

だって 私自身だって 多面性がありますから


俳優とか 作家は

きっと 深い闇の部分も理解できる力が必要ですよね。


運良く クリミナルマインドという作品が決まって

そして

これまた

大人の鑑賞に耐える 作品への出演という事が


多分 今までの方向性を変えるきっかけになると思います。


私がハマったのが ケヌクシですから

やっぱり そういう方向性の作品を求めてましたから

今回は、本当に楽しみです。


ジュンギも 分かってはいたとは思いますが

いい加減

年相応の じっくりと しっとりと しっかりとした 作品に出演したいという部分


しばらくは


新しい作品に のめり込んで、

しばらくは、プライベートは 忘れて欲しいですね。










nice!(3)  コメント(0) 

JG聖地 NOW聖地リベンジ その2 [JG聖地]


NOW聖地リベンジ その2 です


新宿ゴールデン街の後に 世界堂に行って 東急ハンズに行って

お昼ごはん食べて

帰りの新幹線まで まだまだ余裕があったので

またまた 新宿中央公園に行くことにしました。


東京都庁の方面なので、

タイムズスクエアから 行こうと思えば行ける距離だと


天気も良かったし


前回探せなかった 公衆電話を 今回こそって 行きました


公園の管理事務所の真ん前だったんですね〜@@


中央公園の北側になります

ちょうど 都庁の裏側

そして

石のテーブル

グルっと回って探したら

なんと 公衆電話の目と鼻の先で はははっ びっくりポン


IMG_4663.JPG


さすが 日曜日で 天気も良かったので大勢の人々で

なんとか

人の途切れを 見計らいながら

フォトを撮って来ました

IMG_4664.JPGIMG_4665.JPG


こういう感じで 都庁が見えます




IMG_4666.JPG


こういう感じの カメラワークだったかなぁ

IMG_4667.JPG


富士見台という場所が この

公衆電話の 反対側に


IMG_4671.JPG

この場所も

大勢の人が登っては降りて 

しまいには、お弁当を広げだした家族連れが


その前に 大方 フォトを撮れたので ラッキーでした。


IMG_4672.JPG

IMG_4673.JPG

IMG_4674.JPG



IMG_4675.JPG


この富士見台から下を見ると

公衆電話が見えます


IMG_4676.JPG

IMG_4677.JPG


IMG_4678.JPG

IMG_4679.JPG

12月とは違って

緑がいっぱいで

花いっぱいで


本当に綺麗で爽やかな 空気が流れてました


IMG_4668.JPG


例のモニュメントの公園は、南側になります


もう それこそ 人いっぱいでした

この向こうに

モニュメントがある広場です



IMG_4670.JPG


こういう感じで


あちこちで お弁当広げたグループがいっぱいで

モニュメントは 撮りずらいので 諦めました

IMG_4669.JPG


前回も行った 熊野神社


外人さんがいっぱいで

結婚式も…


こういうのに遭遇するというのも ラッキーですよね


IMG_4680.PNG


幸せの おすそ分け いただきました








nice!(2)  コメント(0) 

JG聖地 NOW聖地リベンジ [JG聖地]


今日は、朝一で、新宿ゴールデン街に行きました


その場所には

花園神社という神社があって

ずっと気になっていたので

まず そこに行きました

実は、芸能の神様も祀ってあるということで


ジュンギの為に祈って来ました。

IMG_4661.JPG

IMG_4657.JPG

IMG_4658.JPG








NOWの 映像に映っていた

あかるいはなぞの一番街は 直ぐそばです

IMG_4656.JPG

IMG_4659.JPGIMG_4660.JPG



何故か ピンクカツラをかぶった ピエロさんが

新聞配達してました


IMG_4662.JPG



もちろん


御朱印も頂いて来ました


IMG_4655.JPG


八重桜が綺麗で

青空が眩しくて





続きを読む


nice!(3)  コメント(0) 

シチリアの恋【 追記】 [JG映画]

久しぶりに ジュンギ主演で

このカテゴリーに 記事アップ出来るチャンスが 来ましたよ


読み返したら 文章的に 足らない部分あったので

所々 追記 加筆してます


今日 シネマート新宿 初回と4回目見て来ました


初回と4回目の間に 食事しながら 超小さなプチオフ会

準友の皆様 ありがとうございました。


やっぱり 持つべきものは、準友さんです。


まぁ 色々話しながらも


プチ ストレス解消になったと思います。


でも 思い切って 初日に見に行って良かったです。


なんか色々特典があって 得した気分です

初日限定のチラシと テッシュ

ファンクラブ会員特典カードは 指輪ネックレスを持ったジュンギです



前売り券引き換えの生写真は、手ハートを覗くジュンギ


IMG_4497.JPG

IMG_4496.JPG


映画の前に ジュンギの特別メッセージもあって

映画関係者の皆様が頑張って下さって良かったです。


この映画 韓国では、正式に公開されてないんですよね。

確か

富川国際映画祭では、上映されていたので

本当に それだけだったんですね


その事を思うと

この日本で


わずかな上映館であっても

公開されるのは、嬉しいです

初日 と4回目 聞いた話では2回目も

入りは 80パーセントくらいかなぁ


東京は 2週間は 上映してくれるとの事


近ければ、バイオハザードと同じくらい見に行きたいけど

仕方ないですね


今となっては、ジュンギ主演の中国映画

中国でも公開されたタイミングが

良かったと言えるなぁ

昨今の 世界情勢から

撮影が終わった韓国俳優が出演した中国映画の

公開延期 という話も聞こえて来ます。


このまま上映されずに御蔵入りの可能性もあるというのを聞くと


文化交流は

やっぱり お互いの価値観が共有されてないと

こういう事態にもなること

やっぱり 中国という国は 共産圏だなぁと

つくづく感じる この頃です。


で、このシチリアの恋ですが

原題は、シチリアの嘘 という意味だったはず


私としては、原題の方がしっくり来る内容かなぁと


中国で公開された当時

たまたま 現地に滞在していらした方が観に行かれて

その感想を送って頂いていたので


観てみたい気持ちが 大きくなったのもありました

改めて ありがとうございます[わーい(嬉しい顔)]


私も ファン失格だと 自分で思うのは、

やっぱり 女優に関する先入観だったり

中国映画かぁ という ガッカリ感だったりが大きくて

本当に最初は 見たい気持ちが

全くなかったのですが


内容が、自分が 思っていたのとは、少々違っていたことと


でも やっぱり

監督が ジュンギに惚れ込んでという話だったりを聞くと

そういう縁も 大事な気がして

バイオハザードの監督も そうだったように

監督から 直に 出演依頼を受ける事って

役者冥利につきますよね


この映画の内容としては


愛する人を思う気持ちを 美しく描いた映画だと 思います。


心が幼いヒロインが

無条件の愛情を注いでくれる 彼によって

人を思いやる大人の女性に成長出来た


ヒロインパートの時系列と

ジュンギパートの時系列が

別々に描かれるので、ちょっと混乱が起きるかもしれないです


ただ、この事で、ポスターの意味がわかるという内容です。


この映画は 笑える部分もあるし

ジュンギ演じる主人公の 愛情

自己犠牲の愛情が

日本人の感性に 近くて

心の琴線に触れる部分もありました。



でも

一番余韻を残すのは

ジュンギの歌が流れる エンディングロールかなぁ


ジュンギの歌 ぴったりです


飛び切り最高ではないですが

佳作だと思います。


私としては、初雪の恋の

ミン君が ちょっと大人になって 戻って来たような感覚でした


ヒロインに一目惚れの部分は

特に 初雪の恋にかぶって 懐かしい感じがしました。


監督 絶対 ジュンギの初雪の恋 見てる気がする


でも いつか 

本当にジュンギにぴったりの主演映画 

もっと違う 主人公に 逢いたいなぁ


そして


映画館に コーナーがあります


シチリアコーナー

IMG_4493.JPG

IMG_4494.JPG



麗のコーナー

IMG_4495.JPG


狭い通路なのに

一日中 ごった返している感じだったので

写真撮るのも 一苦労でしたが

なんか 嬉しかったです




nice!(3)  コメント(0) 

Thank you スペシャル版を見て [201612月JGファンミ]

多分 DVDには、なると思うけど


DVDの中に入らない曲もあるかもと

本当に ジュンギの為だけにKNTVを 視聴し続けて

長かったわ

ようやく 今日放送になって 


いや ビックリ ほとんど網羅してましたね

やっぱり アーティスト イ・ジュンギが 大好きだなぁと感じる


ただ、ジュンギの捉え方とか

カメラワークに 若干の不満があるなぁ

というか


色々なカメラワークが映像として残っているはずなので

その編集の仕方ですよね


本当に ファンが見たい気持ちで編集してないでしょう


例えば、ギターキーボードを紹介の時

ジュンギを映しながら その人を映せば良いのに

ジュンギが切れてる


こういう構成がチラホラ

あのさぁ ジュンギを見に行っているのにね


そこ そんなにジュンギ切って その人映さんで良いからっていう

イライラ感が

しかし


再放送 来月か もしかして 6月だろうかね〜


今回は、映像の乱れがなくて良かったけど

麗の時は 本放送も 再放送も 映像の乱れが 何故かジュンギの時にあったんで 泣けましたわ


ケーブルなのに 乱れるって許せんわ


まぁ そういう話は置いといて


改めて 去年のファンミ見ると

本当に 進化しているなぁと


去年の誕生日ファンミは、DVDにもならず 放送もされなかったので

今回の 今年の

アンコールファンミは 見たいなぁ


ジュンギの歌がもっと増えてるのが一番いいですね


今 一番聞きたいのが 今のジュンギが歌う

バボサラン だなぁ


そして


今回 

世界に一つだけの花

改めて 見れて 良かったです





nice!(3)  コメント(0) 

誕生日イベント [JGイベント]

ソウルでのアンコールコンサート

本当に 無事に終わってよかったです。

本当に こういう時だからこそ 行くことが出来たら

どんなにか良かったか・・・

まぁ 今回は 私のお役目がなかったのだと あきらめております。

ハワイファンミを夢見て 精進します^^;

アンコンに行かれた方から フォトを提供していただいたので

誕生日イベント ご報告代わりに アップしますね 

ハジュンセからの 米花輪が出ていました。

 1.jpg

向かって 右から

応援します

昨日より

今日 もっと

今日ほど

明日も

 

リボン 右側

いつも ここで

この席を 守るよ

 

リボン左側

公式 ファンカフェ 空の下ジュンギの世界

 

左側

ありがとう

生まれてくださって

演技してくださって

 

・・・・・・ 

そして、 誕生日ケーキも ハジュンセからですが その画像は、後ほど 

 

そして

ハジュンセで アンコールコンサートの セットリストを

載せてくださった方がいました。

 

私は、これが 気になっていて

ようやく スッキリしました。

いや~ 本当にすごい内容でした

ジュンギの歌が増えていたのはもちろん

中国語の歌3曲 中華圏のファンに向けてですね

日本語の歌 世界に一つだけの花も 

これは

もう ジュンギの気持ちが 本当によくわかる

そして ジュンギの喜びも

このコンサートの中で プチ 世界が一つ ですよね~

世界のファンが 同じ場所で

あらゆる 歌を共有するって

行かれた皆さんは 本当に良い経験だったと思います。

セットリストを見ただけで

ジュンギのファンへの想い もう 分かりますもん。

中国語 英語 日本語 韓国語

もう

考えただけで・・・ぐちゃぐちゃに なりそうです

そうとう 練習しないと 無理ですわ・・・・

世界中のファンから ハッピーバースディソング歌ってもらって

本当にうれしかったでしょう

力になったでしょう。

大人のドラマ

クリミナルマインド

本当に楽しみです。

可能性のある俳優 イ・ジュンギを楽しみにしています

 

 


nice!(2)  コメント(0) 

本当の部分って? 正義って?【追記】 [パラム心中]

【4月19日追記】

下記に書いてある

『竹林はるか遠く』『続 竹林はるか遠く』

 

読んでいて 一番泣けたのは、

やっぱり あたたかい人の心を感じる部分でした。

人は、神様に見捨てられない

ちゃんと生きる道が与えられるって 感じたところです。

そして、誇りを失わないというのは

やっぱり 親の志が高いからこそなのだなぁと感じる

そして、過ぎたことに 執着しても

前に進まない

今 目の前にあること 出来ることを 一生懸命やろうって

 

逆に いっぱい元気をもらえて

生きる勇気をいただけました。

 

………… 追記終わり

 

ネット社会になってから

本当に 色々な情報が過多 ですね

そのために 自分の心が方向を見失ってしまう

なんだか 最近 そう感じることが多いです

昨今の きな臭い 世界情勢も いったい何が????と思っているうちに

いまや ネットで言われていた 色々な危機が

もう 地上波マスコミでも 公に語られはじめています。

世の中には、フェイク情報があふれている 

昔 あるジャーナリストの講演に参加したときに

よく 情報を見なさいというようなことを語っておられました。

真実は どこにあるのか?

自分の目を しっかりと見開いて よく 見なさいと・・・・

情報を そのまま うのみにするのではなく

よく 吟味して 見なさいというような 話でした。

その頃から いわゆる マスコミの情報を うのみにしなくなりましたね。

やっぱり 年々 違和感を感じることが多くなっていったような気がします。

それは、ネットの世界でも 確かに全部が真実ではないと思いますので

その中で 色々と よく見つめて考える ことに しています。

で、 気になっていた

「竹林はるかとおく」と その続編 「続・竹林はるかとおく」を読んだのです


竹林はるか遠く―日本人少女ヨーコの戦争体験記

続・竹林はるか遠く―兄と姉とヨーコの戦後物語

 

 

 

 

 

 

この本は、韓国では、発売禁止になり 韓国系アメリカ人の反発を受けた本として有名です。

先日 いつもの町の図書館に行ったときに

新刊図書コーナーに置いてあって

@@ あれまぁ・・・この本が 私の目の前に!って びっくりぽん

正直 読むのが怖かったけれど

読まずして 語れない

真実を見つめないと・・・って思い

読みました。

満州に近い羅南に住んでいた11歳の女の子が 太平洋戦争の末期に

日本まで 家族と共に 避難する過程と ソ連に抑留された父親の帰りを日本で待つ過程を

つづった本です

本当に壮絶な 体験記ですが、逆に この兄姉妹の3兄弟の前向きな考えがとても素敵でした。

そして、自分のできることを精一杯にやり続けることのすばらしさ

もう

自分の甘ちゃんが 本当に恥ずかしいって 感じました。 

敗戦が濃厚になるころに 朝鮮の中でも共産主義の ソ連軍と呼応した朝鮮共産党という組織が

避難日本人を虐殺

そして 日本人に協力した朝鮮人をも虐殺していたんです 

兄妹たちの逃避行中には、ちゃんと助けてくれた朝鮮人もいたのです。

私が ああぁって 胸が痛かったのは

引き上げてきた人たちに 冷たい日本人の描写の方でしたね。

もちろん 助けてくれる人々の描写と・・・

やっぱり 人それぞれなんだなぁと

本当に 戦争は、残酷です。

韓国で、発売中止になった という部分が

逆に広告になっちゃってますよ。

これは、戦争の悲惨さを伝える物語ですよ。

全世界の人が読んだとしても 戦争とは 普通の人々の

わずかな幸せを 奪うことなんだって 分かる話です。

戦争を起こさない 国の代表

戦争に巻き込まれない 国の運営

全世界の人が 幸せになっても良い と 思うのですよ。

お金のために 戦争が起きるなんて

本当に ばかばかしい

みんな や~~~めたって 言っちゃってくださいな

自然の花は、ただそのときが来れば 咲くだけ

s-2.jpg

雨の日も 風の日も ただ咲くだけ

人も 自然と共に 生きれればいいのに

s-3.jpg

s-1.jpg 

 

 

 

 

 

 

 


nice!(3)  コメント(0) 

蓮の花 [一息]

初めましてのコメントも増えていますね~
ありがとうございます。ようこそです。
 
ひとは、だれでも多面性があって 多面体の人生を送っていると思いますねぇ
自分がどうなの?と 思ったら
色々な顔を 持ってるなぁって 自分で思いますねぇ~
 
で、 
 
桜の時期なのに 蓮?・・・ですよね~
 
ちゃんと 桜のフォトものせますよ
 
最近というか
ここ1年くらい レンコンにハマってまして
 
よく食べてるんですよね
 
レンコンを普通に輪切りにして
魚焼きのグリルのところに セラミックのグリル置いて
オリーブオイルかけて 塩コショウして 
ただ焼くだけ なんです 
カラーピーマンとか あればマッシュルーム
なければ しいたけなど
一緒に焼いたら とっても美味しいですよ。
 
というわけでは ないのですが
 
ここ数年 蓮の花の時期は よく見に行っているのです。
 
本当に 蓮の花って綺麗ですよね
つぼみの形なんて これぞ 黄金比なんてね
 
このフォトは、 有名なお寺の前庭にさいている物を 撮りました。
 
前にこのブログに 載せたこともあるかもしれません
 
h-1-1.jpg
 
この蓮の花は、よく仏教の説法なんかでも 色々とたとえられますよね
 
表に見える 蓮の花は 美しい
 
でも その花を咲かせるために
根っこの部分は 泥まみれ
 
色々な養分が その泥の中にあって 
その中で 蓮根(レンコン)が 養分を蓄えて
 
その根っこの レンコンって 美味しいですよね 
 
なんだか 人間の今生での 修行のようだなぁって
 
人それぞれが 自分だけの美しい花を咲かせるために
 
本当に 泥の中で生きていく感じ
でも その泥の中には
いっぱい 栄養が詰まっているんですよね
 
人生は、修行 それに尽きるなぁと
 
果たして 私は どんな花を咲かせることができるかな・・・・
う~~ん
もしかして 枯れてる最中か?(´・ω・`)
 
がんばろう~~
 
昨日 チューリップと 菜の花と 桜と 山が見えるという 有名な名所に行ってきましたが
 
途中から 春の嵐で 桜吹雪と雨風で・・・・( ;∀;)
 
雨が降る前に撮った フォト
 
asahi-2.jpg
 
昨日は なんとか無事に終わったようで 良かったですわ~
 
このまま なんとか 平和的に収まることを願います~~
 
 
 
 

nice!(2)  コメント(0) 

自分の気持ちの整理整頓 [パラム心中]


コメントありがとうございます
読ませて頂いておりますよ

ただ 未公開基本のため 
コメント ひとつ ひとつに 返信 というわけにいかないので
ごめんなさいね

公開希望の場合

その旨 書き添えて下さいね

公開希望の言及が無い場合
又は 公開希望があっても 内容に 誹謗中傷がある場合は
申し訳ありませんが、未公開 とさせていただきますね〜

私は、おかげさまで、blogで 書くことにより
誕生日イベントの進行もあり
そういう中で
自分の気持ちと向き合い
少しずつ整理整頓出来たのかなぁと 感じました

そして

私が  感じる事と 人が感じる事と

当たり前ですが
やっぱり 違うところ 似ているところ
あるんですねぇって
そうですよね

人それぞれなんですよね

私が感じること
受け止めたこと
それを 全て 正確に 伝えることは 難しいですね
ただ

自分の中で 確認出来た事を 敢えて 言葉にするなら

私が イ・ジュンギに ハマったのは
彼の演技を通して であり
彼の マルチエンターティメント性
アーティスト イ・ジュンギの可能性に 惚れた

その部分でした

そして

時々 ファンへ向けての 長文のメッセージ
その
ジュンギの書く文章にも 惹かれました

このblogを書き始めて
来年で10年です

本当に 色々な事があって 色々な事を 経験しました

私は ジュンギには 感謝してます
ジュンギのおかげで たくさんの 準友に出会い
たくさん その友人たちから エネルギー頂いて

日本人である自分を考え
日本を知ろうと 本気で 色々勉強して
世界の情勢にも目を向ける事が出来るようになったし

ジュンギの言葉を理解したくて
韓国語も勉強している過程で
新たな出会いもあり

韓国も行って
台湾も行って
最近は
なんだか 湯たんぽの感じで 応援してました。

程よい加減

良い加減の 温度で 寄り添いたいなぁと
自然に そういう感じになったので ジュンギ情報も しゃかりきに追っかけてません


こう書いてしまうと

オカルト? スピリアル系? と感じるかもですが

この世界では 物理的に 離れているかもしれないけど

魂の友人として 近くありたいと思っているのです
って

まぁ 突き詰めれば みんな 魂の部分では、繋がっているんですけどね
だって
もし 生まれ変わりがあるとして
その 魂の時に
果たして 人種の違い あるんでしょうか?
あるとしたら

魂の次元が違うと聞きますね
まぁ

そういう部分は これ以上書きませんが

私が 思ったのは
今生きている世界では、私がジュンギに求めているものは 何か?
突き詰めたら
やっぱり 俳優イ・ジュンギが 最高のアーティスト イ・ジュンギになって行く過程を
楽しみたいなぁ

そういう気持ちが 残りましたね

そのためには
どうか 有事が起きない事 切に 祈ります

良い形で、収束してくれること
切に祈ります

北のお頭 どうか 亡命して下さい




nice!(3)  コメント(0)