So-net無料ブログ作成
前の5件 | -

映画 DESTINY 鎌倉ものがたり [映画]


昨日 本当に久しぶりに映画を観てきました。

半年以上振りかなぁ


岡田君と 小栗君の 追憶以来かもです。


鎌倉ものがたり おススメです。


出来るなら


事前情報無しの方が

驚きの感動を感じます。


もう一度見に行きたいくらいです。


今年 初めて江ノ島に行ったんですが


その江ノ島の風景も見れるかなって思って

予告を見てから とても行きたかったんです


ネタバレは無い方がいいとは思いますけど


この監督さん 脚本も書くという事で

凄いです


何と言っても

最初の何気ない場面に

色々な伏線が有って


全てが 最後に繋がって活かされている


そして


最後に 古いお茶碗が出て来るのですが


そのお茶碗が、 ある事で真っ二つ


でも

日本の文化


金継ぎで蘇って また使用されているという描写に

私は 感動の嵐でした。



人の魂は、永遠に


そういう事にもつながるなぁと


後、

ジュンギのアラン使徒伝 も思い出すような 風景も出てきますよ



ともかく おススメですよ



nice!(2)  コメント(0) 

日本放送【クリミナルマインド KOREA】第1話先行放送 [クリミナルマインド]

今日は、午後5時からジュンギ時間で、

久しぶりに 大画面ジュンギを堪能しました。


しかし なんとまぁ 制作発表記者会見の時に すでに

Mnet放送が決まっていて メッセージ動画を撮ってましたねぇ


第1話は、やっぱり あっという間に終わってしまって

第2話が待ち遠しいです。


やはり、言葉が分かるというのが

このドラマの場合 大事ですね。


第1話は、登場人物の紹介を兼ねて、事件が進む


人物紹介の描写は、上手くいっていると思います。


何よりも、犬とオオカミの時間 を 思い出す場所が 出て

スヒョンとは違う ジュンギのキャラクターが見れて嬉しかったです。



本家の方のクリミナルマインドは

第11シリーズまでレンタル化されて

今見てる最中ですが、

モーガンが辞めるシリーズで、これまた泣かせるんです



ウチのダンナさん曰く

KOREA版も、本家に負けてないくらい面白いっていうことなので

楽しんでもらえそうです。






nice!(3)  コメント(0) 

冬支度 [一息]

今年は、いつもよりも冬が早いような気がして


立山連邦の頂も すでに真っ白で

麓の山にも、時折砂糖菓子のように薄っすらと雪がかかっている日が増えました。


車のタイヤもスタッドレスタイヤに交換して

今は、晴れ間を見て

家の周りの草刈りと、手入れを初めてます。


雪が降ると 木に積もった雪が団子のようになるし

家の前の道路に 垂れて来たりします


外に出していた 観葉植物も家に入れてあげなければ


とか


日常は、淡々と やらなければならないことに 満ち溢れていたりします


もう 今年も残すところ 1ヶ月 切ってしまいましたね


今日の夕方には


久しぶりに、大画面の イ・ジュンギが見れるということで

頑張って、冬支度を済ませてしまいます


では、初回のクリミナルマインド コリア


感想を 楽しみにね



nice!(2)  コメント(0) 

闘う人と守る人 [夜を歩く学士]

最近 麗を見直していますが

それのせいか

ある大国がやっていることが気になって


ふと


夜を歩く士 の ソンヨルのセリフが頭に浮かんで来ました


グィとの最後の戦いに出かけるソンヨルに

駄々こねるホジンに言った言葉が

その時も 良いセリフだなぁと思いましたが


今の時代だからこそ ああ そう言えばって感じて来たのです


[闘う人ばかりではなく 戦いの後

おまえのように

守り育てる人が必要だ ] というセリフ



ある大国は、周りの国から 奪う事を

隠すこともしなくなりました。

なのに


自分の国の中は、荒れ放題

国土の砂漠化は、進み

コピー製品は、当たり前


闘う人ばかりでは、国土は栄えず 荒れ放題になります。


自分の国土を守り 育てる


そういう部分が 全く感じられません


でも


日本は、太古の昔から

守り育てる人を大切にして来た国だと思います。


農耕民族ですから。

先ずは国土を豊かにして守らなければならない

そして育てる


今与えられた場所を守り育てる

それで良いのにね。








nice!(2)  コメント(0) 

過程を楽しむ [パラム心中]


昨日の記事の中で


思いの現実化 という話を書きましたが


その思いの現実化の 過程を楽しむ


私たちの人生って それじゃないかなぁって


例えば、俳優イ・ジュンギの場合


ドラマに出て、そのドラマを制作する一員として

制作過程を楽しむことにかけては、

抜群の能力がある 俳優さんだと思うの


オリンピック選手だったら

確かに 結果として金メダルを取らなければ

過程を楽しんだとしても 意味ないじゃん

なんて

そう思うかもしれませんけど

結果を重視するあまりに

ドーピングに頼ったりしたりしたら

それは、違うものになっちゃうだろうしね


結果がすべて に こだわってしまうと

狭い範囲での人生になっちゃうかなって


私は、毎年挑戦しているものがあって

ここ最近は もう一歩のところで 届かない

だけど

ひとつずつ階段を上がっているのは 間違いないと

今年は、感じました。

で、 一足飛びに いわゆる金メダルを取ってしまう人が居るんだけど

それを見たときに

私はある意味 幸せじゃんって 感じたのです。


また今度 挑戦する機会をもらえたんだから

過程の期間が長いってことは、 楽しむ時間が長いってことじゃんって


トップに立ったら その次が ものすごく大変


トップを持続させるというのは、きわめて目に見えにくい


それこそ 結果は、自分のみが 分かるという

孤独な世界に行くのかもなぁ


なんてね、


トップになれない人間のたわごとかもですが


目に見える過程の中で 階段を上っているというのが分かるというのは

一番 幸せな時間

そうかんじるのです。


思いの現実化の 過程を楽しみたい


というか


楽しんでいる最中の パラムでした。






nice!(2)  コメント(0) 
前の5件 | -